運動が大の苦手な発達障害主婦が、コナミスポーツクラブのスタジオレッスン全種類に参加する。ZUMBA編 2回目

  • 2019年9月13日
  • 2019年9月13日
  • 生活

今回は「同じ内容のレッスン」の違うクラスに出てみようという挑戦です。
以前参加した「ZUMBA&ストレッチ」で、「曜日・時間・担当のインストラクター」が違うクラスに参加してみます。同じ内容で別の日のレッスンというのは、どのくらいの違いがあるのか、試してみました。

1回目のレッスンの感想はこちら

関連記事

第4回目レポート:ZUMBA&ストレッチラテン系を中心とした世界の「音楽」と「ダンス」、それにフィットネスエクササクズを融合させたダンスエクササイズです。ジムでもらったレッスンのご案内チラシよりZUMBAというコトバ[…]

第6回目レポート:ZUMBA&ストレッチ2回目

ZUMBA&ストレッチについて

ラテン系を中心とした世界の「音楽」と「ダンス」、

それにフィットネスエクササクズを融合させたダンスエクササイズです。

ジムでもらったレッスンのご案内チラシより

前回同様、軽快な音楽の合わせてご機嫌に踊っちゃおうって感じの内容です。

この時間のZUMBAに参加している人々

今回選んだプログラムは平日の午後。

参加者は全員で11名。内訳は、60代位の男性1名、30代~50代の女性(わたしを含めて)10名。
インストラクター曰く「今日はこのクラスが開講した以来の最高人数ですっ!」とのこと。少ないなと思ったけれど、これまではもっと少ない人数でやっていたのですね。おつかれさまです。

わたしはもちろん一番後ろに陣取りましたが、日本人だからというべきかみんな前に出たがらず、全員が後ろに立っています。インストラクターの声掛けにより数人が前列にでたものの、大部分の人が後ろの方に固まっているという形でレッスン開始となりました。前には行きたくないけど、後ろが混んでて踊りにくいのも嫌だなぁ。他の人が行ってくれればいいのに。ま、いいけど。

ZUMBAレッスン開始

前回のレッスンはお年を召した底抜けに明るいインストラクターでしたが、今回は「若い女性」。30代位でスタイルのいいお姉さんです。

前回のレッスンでは、始まると同時に「軽快な曲とインストラクターによる全力ダンス」が始まりましたが、今回のレッスンでは最初の5分位をかけて、足の動きを解説してくれます。いくつかの動作を「インストラクターの動きをまねて2.3回動いてみる」という練習時間がありました。ズンバに限らず、唐突に始まるクラスも、最初に練習を行うクラスもあり、こういうところに、インストラクターのレッスンの運び方や性格が出るんですね。

しばらく練習してレッスンスタート!

前回のレッスンでは、最初からハチャメチャで「勝手についておいでーーー!!!!」と言わんばかりにインストラクターが率先して動いて声出していい意味でキレてましたが、今回は若いお姉さんなので、そこまではっちゃけていなくて、鏡に向かって動いてくれたり、こっちの足から出すんだよというような合図を手で送ってくれたりと分かりやすい。

簡単にいうなら、レッスンっぽい。もちろんインストラクターなので、誰よりも声を出しているし動きはキレイ。だけどちょっと慣れていなくて固いというか(わたしがそんなことを言うのは「どの口が!」って感じではあるけれども)砕けきっていなくて「ジムのレッスン」に参加している感が強い。

対して前回のズンバでは、インストラクターが「わたしはダンスが大好きなの!!!」というオーラを全身でふりまいて、気が狂ったかのように頭をふってスタジオの中を大きく駆け回って、声も出しまくっていました。そのある種狂気のような雰囲気にのまれ、ワクワク楽しい気持ちになったわたし。

最近特に思うのだけど、好きなことを思いっきり楽しんでいる人って素敵だし、仮にそれが自分のまったく興味のないことであっても「この人、楽しんだろうな」って思うことで、自分まで優しい・楽しい気分になる。そういう人のところに「人」も「お金」も集まるんじゃないかな。

そんなふうに

「他人にかまわず、自分が楽しいと思うことを素直に全力楽しんで生きる」

それが今の時代を幸せに生きるキーワードなんじゃないかと思うのです。
前回のズンバのインストラクターには、そのエネルギーをひしひしを感じたので「なんかいいなぁ・楽しいなぁ」って思えました。動きの説明はほぼないので、ダンスとしてはまったくついていけないし上達もたぶんしないし、動きも分からなかったですけどね。

前回と今回、レッスンの違いはここ

  1. インストラクターのエネルギーと雰囲気
  2. 動きの説明の丁寧さ

インストラクターのエネルギーと雰囲気

前回のインストラクターは、50代が60代くらい。ダンスに対する強烈なエネルギーと包容力を感じられる人でした。今回は若く美しくスタイルのよい、いわゆるジムのインストラクターっぽい感じのお姉さん。こちらは若くて動きも美しいので、男性には特に、目に優しいかもしれません。

前回のインストラクターは経験豊富で、自分の情熱や声掛けで、クラス全体を巻き込んでしまうパワーがありました。わたしは初めての参加でしたが、なんとなくクラスの一体感を感じるような楽しい体験であり、クラス全体としての参加者の盛り上がりは、前回の方が上でした。

動きの説明の丁寧さ

今回のインストラクターのお姉さんは動きをしっかり説明し、一つ一つを丁寧に教えてくれる感じ。楽しさで言えば前回の方が上だけど、分かりやすさで言ったら今回の方が上です。というより、前回はほぼ動きの説明はなかったので、めちゃくちゃに手足を振り回しているだけだったように思います。

番外編

前回のレッスンは、インストラクターも参加者も年齢層が高かったせいか、最後のストレッチ時間はたっぷりととられていました。動きも一つずつ丁寧に、特に足首をぐるぐる回す運動は時間をかけてやっていましたね。今回のレッスンでは、ストレッチは軽く流して終わりました。

第2回ZUMBA&ストレッチ感想・まとめ

ぱしからさん

ある程度予測はしていたものの、同じレッスン内容でもクラスによって違うもんだなと改めて感じました。前回は参加者年齢層が高くおばちゃん(おばあちゃん含む)ばかりだったので、そこに自分が混じっているのは違和感がありましたが、それでも楽しかったです。でも「ダンスがうまくなりたいのなら」今回のレッスンの方が適しているように思います。どちらにも良さがありますね。今後も、一度体験した内容でも、違うインストラクターのクラスにも出てみようと思います。全く違う雰囲気なので面白かったです。

最新情報をチェックしよう!