ブラックサンダーはどれが美味しい?今のイチオシはコレ。

  • 2020年4月14日
  • 2020年4月20日
  • グルメ

ブラックサンダーって美味しいですね。わたしはチョコレートが好きですが、チョコレートそのものよりもチョコ菓子が好きなので、ブラックサンダーはまさにわたしの好みにドンピシャのお菓子。

2020年1月にわたしはリンドールというチョコにはまり、大量に買いました。
リンツのリンドール(LINDOR)チョコにハマる

この時は150個くらい買い、毎日のようにたくさん食べていました。1日1個ならともかく、わたしはたくさん食べたいので、150個といえどもそう長く持つわけではありません。150個がなくなったあとしばらくはカルディで少量買い足したりしましたが、本格的にハマり続けるのはやめました。その理由は、

ちょっとお高いから。

これにつきます。リンドールはカルディで買うなら1個100円くらい。1日5個食べるなら1日500円だし、10個食べるなら1000円です。リンドールは1個が小さいので、1口もしくは頑張っても2~3口でなくなってしまうんです。1個が小さいので1日1個でとめられるはずはなく、むしろ1個食べるとどんどん食べたくなって止まりません。しかしそれが毎日となると、バカに出来ない出費になります。

なので、追加で大量に買うことはなく、なんとなく別のお菓子を食べていましたが、最近ビビット来たチョコ菓子があります。それがブラックサンダーのコーヒー味。

正式名称は「朝専用ブラックサンダー」です。

これまで食べたことのあるブラックサンダー

ブラックサンダー(ノーマル)

不変のブラックサンダー。1個30円と買いやすく、余計な味がしなくてシンプルで王道。基本のブラックサンダーです。

ブラックサンダーミニバー カカオ72%

画像:ユーラクHP 商品ラインナップより引用

甘さ控えめなブラックサンダーでした。サイズは小さ目です。ブラックサンダー(ノーマル)はしっかりとあまいお菓子なので、その感覚で食べると予想外。カカオが濃いチョコレートって苦くて食べにくかったりますが、これはブラックサンダーシリーズなので、苦いチョコレートにしては苦みは感じにくいと思いました。

ブラックサンダーほうじ茶ラテ

ほうじ茶・・・?と思ったんですが、意外にもホントにほうじ茶の味がしました。チョコと、かすかなほうじ茶の味がとても美味しい。ほうじ茶って、ほうじ茶ラテもあるように、スイーツにしても美味しいんですね。抹茶はたくさんのスイーツになっていますが、ほうじ茶もこれからどんどんスイーツになっていくのかも。新発見の美味しさでした。

朝専用ブラックサンダーとは

香り高いコーヒー配合で、目覚める雷神!

「朝食代わりにブラックサンダーを食べている」というSNSへの投稿をヒントに、朝にぴったりなブラックサンダーを開発!
忙しい朝にも片手で手軽に食べられるブラックサンダーに、コーヒーパウダーをプラス。ビターチョコチップとココナッツを加え、甘さは抑えながら濃厚なチョコレートを味わうことができます。
引用:ユーラクHP 商品ラインナップ

過去にコーヒー味好きについて記事にしたことがありますが、わたしはコーヒーよりもコーヒー味のお菓子が好きな人間です。

パンに塗るコーヒー「カルディ コーヒーホイップクリーム」を食べてみた

とあるスーパーでたまたまこのお菓子を見かけた時「わたしにピッタリじゃない!きっと美味しいはず」と買ってみたのですが、やはり美味しすぎました。

ブラックサンダーがそもそも美味しいのに、そこにコーヒー味が加わってさらに美味しくなってました。チョコとしては甘く、コーヒーとしてはビターで、絶妙なハーモニー。ブラックサンダーシリーズで、一番スキ。

スーパーでは、商品の近くに「朝食がわりに」と書かれていました。わたしとしては朝食替わりに食べようとは思わないけど、お菓子としての完成度はかなり高いと思う。

さっそく大量に購入

しかし、いざ買おうと思ってもなかなか売っていません。最初に購入した時は「外出のついで」だったため、近所のスーパーで探してみるとこれが売っていないんです。コンビニやスーパーを探して探して、5件目にしてようやく発見。売り場にあったもの全部かごの中へ。

いっぱい買いましたが、1000円もしませんでした。売り場には何も書いてなかったけど、レシートを見たら「まとめ買い該当商品」として200円くらい安くなっていて驚きました。もともと安いのにさらに安くしてくれるなんて。

日々食べるお菓子としての利点

このブラックサンダーが日々食べるお菓子として優れている点は

  • 1個あたりの値段が安い
  • 1個でも満足感がある

というところです。

おいしいお菓子はいくらでもありますが、日々食べるものとなると「美味しさ」と同時に「手に入れやすい価格」も重要ですね。

朝専用ブラックサンダーは1個40円。40円なら非常に買いやすい。わたしがこれまでハマってきた数々の食品のなかでも、トップクラスに安いです。

それに1個でもそれなりの大きさがあり、1口で食べ終わることはありません。ビスケットが入っていてザクザクした食感も、満足感につながります。

チョコレートだとすぐに溶けてしまって物足りなく、何個も食べてしまうわたしですが、これだとザクザク食感のおかげで食べている満足感があるので1~2個でやめられます。うまい・安い・満足を満たしているすばらしいお菓子です。

買い方は?

安く物を買うならネットで探すことが基本です。ですが、このブラックサンダーの場合はもともと1個40円というお値段。ネットでも探しましたが「ネットで購入すれば定価より明らかに安く買える」というものは見つけられませんでした。高級なお菓子の場合はネットで探せば実店舗よりも安く買えることはあると思いますが、ブラックサンダーはそういう種類のお菓子ではなさそうです。

ですので、実店舗で見かけた時に買うのが良いと思います。置いているお店が限られているようですので、もし見かけることがあればぜひ買ってみて下さい。我が家の近所のコンビニには(センブンイレブンとローソン)置いていませんでした。

まとめ

ブラックサンダーにはいろいろな味があります。ノーマル味は別として、その他のものは期間限定だと思うので、ノーマル以外で気に入った味があるときは、ここぞとばかりに買っておく必要がありそうです。実店舗には数種類しかおいていないことが多いので、いろいろなブラックサンダーをネットで購入するのも楽しいですね。


新しい味を見つけたので食べてみました。(2020.4.20追記)

関連記事

先日、ブラックサンダーのお気に入りの味について記事を書いたばかりですが、スーパーにて新しいブラックサンダーを見つけましたのでレビューします。忙しい仕事の合間にイナズマ級のおてまえをお届け!「ブラックサンダー」シリーズから新商品「ブラ[…]


最新情報をチェックしよう!