世界一おいしい生チョコは、これに決定しました マーロウ:ビーカー入り生チョコレート

  • 2020年1月12日
  • 2020年1月21日
  • グルメ

昨年末、ギンザシックスをうろついていた際にたまたま見つけたマーロウのビーカー入り生チョコレート。

このマーロウというお店は、ビーカー入りの手作り焼きプリンで有名なお店です。「食べたことはないけど、あのガラスの入れ物は見たことある」って人も多いんじゃないかな。わたしもそんな一人。

わたしは、マーロウというお店については「あぁ、あのダンディな男性がかかれたガラスの入れ物に入っている、たっかいプリンのお店でしょ」位には知っていたんですが、わざわざお高いプリンを買ってまで食べようという気になることがなかったので、これまで縁がありませんでした。

年末に、「年末やお正月用に、おいしいチョコとかケーキを買いたい」と銀座に出かけたところ、突然目に入ってきたんですよ、このチョコレートが。

でね、このお店はプリンのお店だから所せましとプリンが並べられているんだけど、まったくプリンには見向きもせずこのチョコに釘付け。なぜかこのチョコだけが光り輝いてる。「今日はこれだよ!」と言っている。プリンは1個で800円~1000円前後。プリンの値段でさえ、プリン1個とは思えないくらいの高級価格なんだけれども、この生チョコにあってはなんと1個1458円。

どうだどうだと言わんばかりのお値段設定。

ビーカー入り生チョコレート(プレーン)

ベルギー産ベルコラーデ社のチョコレートと、北海道特選生クリームで贅沢に作りました。

スプーンですくって毎日少しずつお召し上がりください。毎年バレンタインやホワイトデーに大人気の商品です。

2020年3月14日頃までの限定販売。

引用:マーロウ商品HPより

その日は1個だけお持ち帰り。そしてすぐに食べたんですが、

やっべ!
うますぎてヤバイ。これは、チョコの中のチョコ、生チョコの中の生チョコ。商品説明に「ベルギー産ベルコラーデ社のチョコレートと、北海道特選生クリームで作りました」とあります。なんか美味しそうな感じがしますが、期待を裏切らないところか期待を軽く超えてくる美味しさ。
余計な味が一切しない。これが素晴らしい。洋酒の味もしない、余計な混ぜ物の味もしない。ただ、純粋に、濃い生チョコ。
ねっとりと力強い、生チョコ。力を入れてスプーンを突き刺さないと、チョコをすくえません。貧弱なプラスプーンじゃ、折れると思う。そのくらいの固さ。
とにかくがっしり固いので、スプーンじゃなくて、フォークで削り取ってもいいかも。
わたしはね、もう、チョコは世界でこれだけでいいと思う。
「毎日少しづつお召し上がりください」なんてHPにあるけど、毎日少しづつなんて無理。なんとか踏ん張って二日は持たせたけど、我慢しなかったら1日で食べきるね。そんくらい、冗談向きでウマイ。うますぎる。
実際のところ賞味期限も長めで、普通のスイーツに比べたらだいぶ長持ちします。それは世間一般の人の『チョコを食べる量』に合わせているんだと思う。「チョコをちびちび食べる」んです、世間一般の人は。わたしのように、ガッツガッツ食べるもんじゃない。
お店のお姉さんが
残りが少なくなったら、牛乳を足してホットチョコレートにして飲むのもオススメですよ。
と教えてくれたんだけど、そんな余裕は一切なく完食。瓶ごとベロベロ舐めあげたいくらいの美味しさでした(瓶なので舐めにくい為、舐めてはいませんが)。
このおいしさは衝撃。わたし、いままでいろんなチョコレートを食べてきたんだけどね、ほんとにもう、一口づつ
はぁ~~うめぇーーーー
はぁ~~うめぇーーーー
はぁ~~うめぇーーーー
と、感動に打ち震え、ため息をつきながら食べました。
生チョコ好きな人全員に、もれなくお勧めしたい美味しさ。これは久々の超ヒット。
期間限定らしいですし、すぐに食べるっきゃないですよ!今すぐ買いに走るべし。
マーロウのプリンは通販でも買えるようですが、楽天では生チョコは見つけられませんでした。
マーロウの直のオンラインショップだと、生チョコも購入できるようです。

最新情報をチェックしよう!