スーパーマーケット大混雑・どうしたら良いのか?わたしの考えた攻略法

  • 2020年4月26日
  • 2020年5月17日
  • 生活

東京都の小池百合子知事が4月23日の臨時会見で、都民に買い物を3日に1回程度にするよう呼びかけましたね。それを受けてか、ここ埼玉でも翌日24日のスーパーはかなりの混雑でした。

わたしが行ったのは、いつも行くスーパー(焼き芋を買いに通っていた)で、9時開店のお店に9時7分に馳せ参じたので、それほどひどく遅れを取ったというほどでもないのに、その時点ですっごい人、そして人。

入口に一番近い野菜売り場なんてうんざりするほど。もともとこのお店の通路はそれほど広くなく、ゆったりとカートがすれ違えるほどの余裕はない。混んでいる人を避けて先に進もうとするとぶつかりそうになるし、そういう狭い通路の真ん中でずっと商品を見ていて動かない人もいるから、その通路を通りたい人が通路の脇に何人も待っている。するとそこの人だかりが邪魔になり、その通路に用事はない人も、あふれる人で先に進めない。そんなこんなでさらにごった返す。

すごい混雑だなぁと野菜売り場は流し、軽くスーパー内を1周してレジへ向かうと、ここでも見たことのない行列につぐ行列。

この行列は開店と同時入店組のみなさんが、ひととおり見終わったタイミングなんだろう。一人一人のレジ待ちの間隔をこれまでより開けているということもあり、どのレジも、入り口から一番奥の壁までの大行列。

そして自分の番が近づいてレジを見ていると、レジが12台あるうちの半分しか稼働していない。これだけ人がレジに行列しているなら、本当ならレジを全部あけるところだと思うけど、そうしないということはたぶん従業員が足りていないんだろう。

レジの人だって怖いよね。レジの人が働いてくれているから物が買えるけど、感染が怖くて仕事を辞める人もいると思う。今はレジの人と客の間にビニールがかかっているから前より多少はいいかもしれないけど、でもやっぱり他人と接していることには変わりないし。「レジの人、どうもありがとう、感謝してます」って思います。

しかし、長蛇の列には感謝しがたい。すぐにイライラしてしまうわたしは「行列に並んで待つ」のはもともと苦手で、かなりイライラする行為です。

わたしが並ぶ列はたいてい進みが悪いし(隣に並んでたらもっと早かったのに、ということがとても多い)、ようやく次が自分の番という時に、レジを打っていた人がどこかに行ってしまったり(値札がなくて商品の値段を見に行ったりする)、なぜかレシートの紙を補充しだしたり・・・

今日だって、長蛇の列にしばらく並んでたけど、突然隣のレジが稼働しはじめたらしくそっちに人が流れたのでわたしもそちらへ移動したら、あまりに急に人が流れてきて、もともと並んでいた列よりも長くなってしまい、結果移動しなかった方が早かったじゃん、という。

そんなことでイライラしてもしょうがないって分っているけどそれでもイライラする。それはそれでわたしの特性で仕方ない。しかし待つということは変わりないのだから、それならレジを待つ時間をいかに楽しく過ごすか?ということにシフトチェンジすれば良いわけです。ただ待つだけだどイライラするけど、何かやっていると10分20分なんてあっという間だからね。

本日のわたしはキンドルで読書をしていました。立ちながらの読書なのでちょっと疲れちゃうけど、読書に没頭しているだけで、時がワープしたかのようにあっという間に自分の番がきました。これはオススメです。

「買い物は3日に1回」と言われたことで、スーパーの混雑が緩和されるのか今のところは分かりませんが、とりあえず今日はめっちゃ混んでたし、心なしか、大量に買っている人も多かった気がします。わたしも3日分は買いましたし。

あと、店内の激込みぶりを考えると、スーパーの中で考え事をしない方がいい気がしますね。
普段のわたしはスーパーの中を歩いているうちにいろんなことを思い出すことが多いので、店内を蛇行して行ったり戻ったりぐるぐるしたりしていますが(メモを見ながらでも、買い忘れることが多いので)それはやめて、買うものは家で全て紙に書き出して、さっとそれだけを買ってくる。

どれが安いかなと考えこんでいると滞在時間が長くなるし、「あれ、買い忘れちゃった」と戻ったりしていると、入り口からどんどん入ってくる人の流れに逆らうことになって歩きにくいし、人と接触することにもなるし、その間にレジの行列の長くなる。

今日はレジがあまりに混んでいるので、物を選んでいる人よりもレジに並んでいる人の方が圧倒的に多いという状況でした。今日のわたしは並んでいる最中に買い忘れたものに気づいたけど、取りに戻ると最初から並びなおしになるので、諦めました。ふだんから「まぁ、しょうがないか」と思いながら生きているので、買い忘れがあっても、その点は自分を責めることはありません。忘れてしまうものはしょうがない。

今日感じた、コロナ対策関連で有効だと思う「スーパーマーケット攻略法」

  1. 開店と同時に入店し、怒涛の勢いでレジに向かう
    (他の人がレジ並ぶ前に、速攻で買い物を終わらせる)
  2. 買う物を迷わない(買う予定の物は、値段を気にせず迷わないですぐ買う)
  3. 買い忘れがあっても諦める
  4. レジ待ちの時間を楽しく過ごせるグッズを持って行く
  5. 数日分まとめ買いして、スーパーに行く回数を減らす
  6. 自宅にある手指消毒液を小分けにして持ち歩く

*6の「自宅にある手指消毒液を小分けにして持ち歩く」は、本日から始めましたが、持っているだけでかなり安心でした。入口に消毒用アルコールを置いている店おが増えましたが、入り口によってはなかったりするし、車のハンドルとか自転車のハンドルとかも消毒出来るし、オススメです。

ちなみに、消毒薬を小分けにして持ち歩く用の小さいスプレーボトルが欲しかったのですが、100円ショップではすべて売り切れでした。マスクのゴムが売り切れなのは聞いていましたが、これもないの?とびっくりしました。

仕方がないので、普段自宅で使っているアルコールのスプレーボトルを持ち歩くことにしました。出先で使うだけなので本当は携帯用の小さいものがいいのですが、スプレーボトルがたまたま家にあっただけでもラッキーだと思ってありがたく使うことにします。


100円ショップには一つも見当たらなかったスプレーボトルですが、
ネットでは買えるみたいです。
サイズも選べるし、オシャレなものもあります。

関連記事

コロナ関係でスーパーがいつも以上に混んでいますが、いったい何時に行けば空いているのでしょうか?わたしは「買い物は朝いちばん」派なので、オープンと同時に行くことが多いです。しかしここ最近オープン直後は混雑していることが多い。午[…]

最新情報をチェックしよう!