【レシピ】フライパンで作るシュトーレン

  • 2019年12月5日
  • 2019年12月4日
  • レシピ

クリスマスが近づいてきたこの時期、カルディや成城石井といったオシャレ食材店や、近所のスーパーでも見かけるようになってきたシュトーレン。


わたし、シュトーレンって好きじゃなかったんです。ナッツもドライフルーツも好きじゃない上にパサパサしてて、なんで人々はこんなものをありがたがって食べているんだろう・・・などと思ってたんです、つい最近まで。

ところがなぜか今年は「シュトーレン食べてみたいな」という気持ちになった。こんなこと、これまで生きてきてはじめて。そういう気持ちは大切にしたい。せっかくなのですぐにレシピを調べ、家で作ることにしました。

レシピはこのブログを参考にしました。

FUNDO

12月25日といえば、クリスマスですね!家族と温かい時間を過ごす方、恋人同士でロマンチックに過ごす方、友達とわいわい楽し…

フライパンで作るシュトーレン 材料

薄力粉  70g
強力粉  35g
全粒粉  35g

砂糖   40g
クリームチーズ 50g
卵 1個
ベーキングパウダー 4g
溶かしバター 40g
ナッツ 30g
ラム酒漬けドライフルーツ 50g
カルダモン・シナモン・クローブ・ナツメグ 小さじ1/3
焼きあがってから使用するもの
ラム酒(適量)
溶かしバター20g
粉砂糖(適量)
*紹介されていたレシピでは強力粉70gですが、わたしは全粒粉が好きなので半量は全粒粉にしています。
*焼きあがってから塗るラム酒や粉砂糖は量が書かれていませんので適量です。今回はラム酒は大さじ1使いました。粉砂糖はたっぷりふって7gでした。

全材料です。カルダモンとクローブは普段使わないので、買ってきました(シュトーレンを作る以外には、使う予定がありません・・・)


先月仕込んだラム酒漬けドライフルーツがあったので、それを利用しました。(イチジクとレーズンです)

レシピ:作り方

ナッツとドライフルーツを刻み、全ての材料をボールに入れます。
しっかり混ぜます。切るように混ぜるなどと意識せず、ただ普通に混ぜましたが、何の問題もありませんでした。
この生地、とってもいい香りでこのまま食べたくなるほど。
成形します。フライパンの上にクッキングシートを敷き、その上に生地をのせます。
山型で、薄い部分は高さ2cm位整えます。(フライパンの上にのせたまま成形しました)
蓋をしてごく弱火で30分焼き、裏側も10分焼きます。
焼きあがったら、溶かしバターとラム酒を熱いうちに塗ります。ハケを持っている方はハケでどうぞ。わたしは持っていないので、スプーンで上からドバドバかけて塗りました。
冷めたら、粉砂糖をふります。茶こしでやると、キレイに出来ます。
(ティーポットの内側の茶こしを使いました。)

シュトーレン作り 時間がかかる?

作り始めたのが12:30で、生地が冷めて食べられる状態になったのが15:00です。お昼ごろに準備を始めれば、その日のおやつに間に合いますね。

実食&まとめ

シュトーレンって、やたら固くて食べにくいイメージだったんですが、このシュトーレンはとても柔らかいです。まぜてフライパンで焼いただけなのに、香辛料の香りも効いている本格的なシュトーレンが出来ました。ちゃんとしたシュトーレンになっています。

今日は、このシュトーレンと温かい紅茶で、一人静かにおやつの時間にしました。

しみじみ幸せ

普段使わない材料(スパイス)があったので、買ってくる手間はありましたが、作り出してしまえば簡単でした。混ぜて焼くだけですからね。しかもフライパンでOKだし。

わがやのように、オーブンを持っていない家でも手軽にできるうれしいレシピです。シュトーレンは通常日持ちがするお菓子ですが、このシュトーレンの賞味期限は短いです。2~3日のようなので、早めに食べきって下さいね。

↓ラム酒はこれを使っています。ドライフルーツを付けているのもこのラム酒です。

最新情報をチェックしよう!