【レシピ】サラダチキン トマト煮込み味 業務スーパー パスタソースを使ってレストランの味!

  • 2019年11月26日
  • 2019年11月25日
  • レシピ

サラダチキンの新しい味の開発に余念がないわたしですが、またしても新しい味を生み出してしまいました。先日トマト味のパスタソースを業務スーパーで買ってきたんです。

こういった商品はどこのスーパーでも売ってると思うんですけれど、トマトソースとして完成されているわけだし、このまま鶏肉を煮てしまえばいいんじゃね?と思ったわけ。

やってみて大正解でしたのでご紹介します。

トマトソース味 サラダチキン 材料

鶏むね肉 400g
砂糖 小さじ1
パスタソース(トマト味) 100g

レシピ:作り方

むね肉を切っていきます。おすすめの切り方は、以前紹介したように、指1.5本分くらいの太さ。もっと細くてもいいです。厚みがあると中まで火が通りにくくなるので、細目・小さ目に切って下さい。
切った鶏肉を保存袋に入れ、砂糖をまぶし、トマトソースを注ぎます。揉んだら空気を出来るだけ抜くようにして口を閉じます。
トマトーソースは100g入れています。
炊飯器にチキンの袋を入れます。沸騰したお湯を注いで上から重し(皿)をし、保温60分。
今回は1袋に胸肉400g入れています。同時に、2袋(400g×2袋)は調理可能でした。
60分保温したら終了です。
荒熱がとれたら冷蔵庫で保管してください。

実食&まとめ

やはり、というか想像以上に

うんめぇ!!

度肝を抜くウマサとはこのこと。しっとりしている上に、調理中にトマトの深い味わいが胸肉にしみ込んでます。調理後にすぐ、暖かいまま食べて欲しいです。なんていうかもう、レストランのシェフさながらの味と言っていいと思う。こんなに手抜きなのに立派な1品。サラダにそえるとかじゃなく、このまま普通に1品料理です。

これはサラダチキンというよりも、

チキンのトマト煮込みでございます

っていう味。

時期外れだからなのか賞味期限が近いからなのか理由は不明だけど、大量に投げ売りされていたパスタソースですが、安いんだからどんな味でもかわないわーーくらいに思っていたのに、見事に素晴らしい料理へ化けてくれました。

パスタを別で茹でておいて、出来上がったサラダチキンを、ソースごとパスタにのっけて食べるのもいいと思います。チキンの栄養も取れて◎。

普段からこの手のトマトソースはスーパーで1瓶300円程度で売っていますので、いつでも材料の調達が可能というのもいいですね。しかもトマトソースって、トマト&バジルとか、トマト&ガーリックとか、トマトクリームとかいろいろ種類もありますし、バリエーションも楽しめます。

注意!

このレシピには、塩を入れていません。食べる時にパラパラと塩をふって食べて下さい。もしくは肉に塩を揉みこんで作ってもよいかと思います。

 

最新情報をチェックしよう!