【ローソン】バターサンド「サクバタ」ストロベリーは、濃厚かつ爽やかな新感覚スイーツ

先日、ローソンで「サクバタ - サクッとバターサンド キャラメル – 」 を見つけたわたし。

わたしのスイーツを選ぶ基準は、

甘い>甘くない

こってり>さっぱり

チョコレート・キャラメル系>フルーツ系

このように、より甘く、よりコッテリしたスイーツを選ぶ傾向にあります。爽やかなフルーツタルトより濃厚ガトーショコラを選ぶことの方が多いのです。

そのため、このサクバタを見つけたときも、まずは「キャラメル」の方に目を奪われました。でも、こういういくつかの味が出ている商品は、一つだけ買ってみて仮にまずかったとしたら「あっちの方がおいしかったのかも」と思うし、美味しければ「あっちもおいしいはずだから買っとけば良かった」と思いがち。そして「やっぱりあっちの味も買おう!」と思った時にはもう販売が終了している。そういうもんですよね。

わたしは「数百円のスイーツを買うか買わないか」で悩み、結局その場では買わず、その後食べたいと思ったときにはもう売っていないというくやしい思いを何度もしてきました。もう後悔するばかりの人生は嫌だ!「気になるものはその時に買うぞ!仮に失敗したって(=美味しくなかったとしても)何もしなかった人生よりいいじゃないか」そんな強い思いを胸に、2種のサクバタをそっと抱えてレジに向かったのです。

サクバタ ストロベリー の紹介

「サクバタ - サクッとバターサンド ストロベリー – 」 税込220円

フリーズドライストロベリーを入れた甘酸っぱい苺味のホワイトチョコ入りバタークリームを、サクサクと軽い食感のクッキー生地で挟んだバターサンドです。クッキー生地には発酵バターを使用し、香り良く仕立てました。 ローソンHPより

栄養成分・原材料

商品写真

上から

横から。厚みは、キャメルと同じ3㎝。クリーム部分は2㎝。

苺クリームの中に、フリーズドライの苺がたくさん!

実食:サクバタ ストロベリー

こちらのストロベリー味。キャラメル味と同じ商品とは思えない位の爽やかさ。

クッキー生地は、キャラメルが「ゴリゴリ」だったのに対し、こちらは「しっとり」。サクサクというよりはサブレっぽいバター感のあるしっとり系クッキー。同じ商品なのに、クッキー生地がここまで違うなんて。どちらかしか食べなかったなら知らなかったわけなので、やっぱり両方買って良かったと思います。

クリーム部分は、やさしい爽やかなストロベリー味。「フリーズドライストロベリーを入れた甘酸っぱい苺味のホワイトチョコ入りバタークリーム」ということなんですが、ホワイトチョコ感は感じず、全面的にやさしいイチゴ。イチゴミルク!そう、イチゴミルクです。中のフリーズドライイチゴは、このクリームの中でしっかり引きたっています。フリーズドライイチゴ部分にくると、歯にカリカリとあたるのが楽しい。キャメル味クリームの中のアーモンドは死んでたけど、フリーズドライイチゴはイイ感じです。爽やか~。

サブレっぽい生地と、イチゴクリームの相性はとってもいい。バタークリームなので、イチゴ味といっても、「ホイップ+イチゴ」とは違う重さがありますが、バタークリームとしてはピカイチの爽やかさだと思います。

バタークリームと言えばミルク味、バターサンドといえば「クッキーにミルク味のクリームと、ラムレーズンが挟まったお菓子」、というのが定番かと思います。でもこのサクバタストロベリーは

バタークリームのコッテリ感ストロベリーの爽やかさ

という相反する概念が見事に共存している新ジャンル。バターサンド界に新しい風が吹いたといっても過言ではありません。

そして、このストロベリーを食べていて気が付いたことがあります。それは

クリーム部分が冷たくない

ということ。通常スイーツは要冷蔵だし、この商品も食べる食前までしっかり冷蔵庫で冷やしていました。

プリンでもシュークリームでも、冷蔵庫から出して食べるときは「ヒンヤリ」しているじゃないですか。この商品は「冷やしているのに冷えていない」のです。クッキー部分はいくら冷やそうと冷たくならなそうな気はするけれど(クッキーって常温で食べるし、わざわざ冷蔵庫で冷やしませんよね)、クリームが冷たくないのは新感覚。

これはおそらく、クリームの油分が高すぎるせいなんだと思います。「バターを冷蔵庫で冷やしても、そんなにキンキンに冷たくはなっていない、でも固まっている」そういう状態が、このサクバタのクリーム部分にも当てはまっています。

冷蔵庫から出したてなのに、あんまり冷たくないし、口の中でも冷たく感じないというのはほんと面白い発見でした。

まとめ:サクバタ ストロベリーはこんな人におすすめ

ぱしからさん

評価:2.5ストロベリーの味が爽やかなので、完食の為の覚悟は「キャラメル」味ほど必要としません。ちょっとコッテリした洋菓子という軽い気持ちで食べられます(といってもわたしは一度に完食は出来ませんでした)。フルーツ好きな大学生やOLさんが好みそうなイメージです。クッキー部分が口の中での崩れていく感じも、クリームの味も、キャメルとは全く違うので、2種類買って両方食べてみることをおすすめします。こちらはバターサンドとしては「濃厚。だけど爽やか」という新感覚!

番外編:サクバタは「キャラメルとストロベリー」どちらがおすすめ?

これはもう好みとしか言いようがないんですが、わたしがどちらかを人にお勧めするとしたら、あえて

「キャラメル」

の方を推したいと思います。なぜか?

それは食べた時のインパクトがあまりにも強烈だったから。概念をくつがえす焼け付く甘さ。これはなかなかなものですよ。ぜひ味わってみて下さい。

わたし自身がもう一度食べるなら、さわやかで食べやすい「ストロベリー」にします。

最新情報をチェックしよう!