アスペルガーグレーゾーン:部屋着は着心地重視だけど、ダサすぎてもだめだから自分でお直しする。2019年秋冬、部屋着考察

わたしは服を2種類で分類しています。「外着」と「部屋着」。

外着は戦闘服なので見た目重視。外着に関しては見た目が重要なので、着心地は我慢できるものは我慢します(それでも首回りに何かを巻くのは苦手だし、タートルネックは発狂しそうになります)
反対に部屋着は着心地重視です。固い生地は嫌だし、体を締め付けないものを好みます。

以前、首のチクチクが苦手だということを書きましたが、

 

わたしは服についてそれなりにこだわりを持っています。とにかくオシャレじゃないと気が済まない!というこだわりではなく、あくまでも着心地の問題。

試着しても、「これはいい!」と思うものとの出会いはとても少ない。買うことは買っても「あそこがイヤ」と思う部分のある服は着なかったりするし、「着ているうちになじんできた」ということもなく、イヤなものはずっとイヤなまま。そうするとイライラが限界になるまで(数か月とか数年とか)放置して、処分したり売ったりという道をたどることになります。

着心地が大事というと「あーそうだよね、着心地は大事だよね」と、誰しもが納得することだと思うのですが、そういう軽い気持ちの「着心地大事」ではなくて、わたしにとって着心地とはもっと具体的なもの。

  • 首の詰まり具合。空きすぎず詰まり過ぎず。ブラの肩紐が見えない。
  • 脇下の服のたるみ
  • 手首の状態。腕まくりが可能か?
  • 体にぴったりしすぎず・だぼっとし過ぎず
  • 袖の太さ。腕に沿い過ぎず・だぼっとし過ぎず
  • 生地が伸びて動きやすい。体を締め付けない。

*秋は長袖Tシャツ
*冬は裏起毛のトレーナー

秋冬の部屋着に求める機能はこのくらいです。
特に大事なのは「手首」で、これは「しっかりと腕まくりができて、落ちてこない」ということを意味します。
手首が伸びているとか、腕まくりのことを考えられていない服は、腕まくりをすると、秒で落ちてきます。

あー、もーーー!!
腕まくりした瞬間から袖が下におちると、瞬時に沸騰するくらいイラつきます。だいたい、「腕まくりをする時=これから家事をやる時」なので、それを邪魔されるわけです。これが特にイラつくのは洗い物をしている時。洗い物をしているのにまくってもまくってもすぐに落ちてきて、服、引き裂いてやろうかとイラつきすぎて息も絶え絶えに。
ひとつの対応策として、上から割烹着を着るということも考えました。しかし、割烹着がそばにない時もあるし、暑くて割烹着を着たくない時もあるし、やはりここは「割烹着に頼らずとも自立して腕まくりができる」という能力は、部屋着として必要不可欠なのだということが分かりました。

秋物部屋着について

わたしにとって、秋冬は断捨離してミニマリストになりやすい季節でもあります(部屋着)。今年の秋物部屋着としてノミネートされているのは
長袖Tシャツ 3(ネイビーVネック、ネイビーボートネック、茶色ボーダー)
長ズボン 2(パジャマ兼用)
この長袖Tシャツ3枚のうち、1枚は袖ずるずる。
着るたびにイライラしてたんだけど、ふと思いつきました。「そうだ!手首にゴム入れればいいんじゃん!」
すぐに取り掛かりましたが、あまりにださくて外には着ていけない風に仕上がったので、この秋が過ぎたらさようならするつもりです。3枚に限定しているのに、ネイビーが2枚というのもイヤだったし。もしこの秋に素敵な長袖Tシャツに出会ったら、この手首ダサTと交換する予定。
枚数としては2枚でも大丈夫そうな気もするけど、余裕を持って3枚。

冬物部屋着について

冬物もかなりミニマルに絞り込んでいました。

トレーナー1
ボアジャケット1(首の周りの生地を切り取って、襟無しジャケットに改造したもの)
生地が厚い長ズボン2

今年はこの唯一持っているトレーナーを交換しようと思っていました。このトレーナーは昨年購入したモンベルのトレーナー。物凄くあたたくて、生地も丈夫。機能面は最高!とにかく裏起毛が毛布のように分厚くて暖かいので、昨年いろんな店舗を捜し歩いてようやく手に入れたのです。

なのですが、なんというか・・・。機能面が完璧なので機能美ではあるけれど、なんだか着たくならない。おしゃれじゃないなぁという気持ちが離れず、手に取らない。でも着心地はいいし、生地も全く傷んでいなくて丈夫だし、なによりこれを手放してしまうとトレーナーが無くなる。ということで、処分せずに持っていました。トレーナーに「生地の丈夫さと温かさ」だけを求めるなら、この世にモンベルのこのスウェットだけでいい気もします。

今年の冬用部屋着を購入する

しかしいくら部屋着であっても「着たくなる」くらいはかわいくあってほしい。ということで、先日「裏起毛のトレーナー」という最低条件のもとでトレーナーを買いに行き、「おっ、これは!」と思う選手を2枚追加しました。

このうち1枚は、着た瞬間から「ダメなことは分かる。でもかわいいし裏起毛だから」という理由で購入。

このトレーナーは、このまま着るとストレスMAXになることは目に見えているので、わたしが着られる状態になるまで手を加えなければいけません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボトルネック裏毛裏起毛プルオーバー/アメリカンホリック(AMERICAN HOLIC)
価格:3289円(税込、送料別) (2019/11/12時点)

楽天で購入

 

 

首のタグを切り取る

これはいつも通り。首に刺激を与えないよう、丁寧に切り取ります。

首を入れる部分の内側を縫う

首回りの生地ですが、裏側に折り返されているだけなので、着るたびに生地が動いて表に飛び出したり丸まったりします。こういう一見地味なところでも、積もり積もってイライラが爆発することになりかねません。服に対してイラっときたら、出来きるかぎりその原因をつぶしておくに限ります。この首回りは手縫いでしっかい縫い付けて、着脱の際にビラビラめくれないようにしました。

このトレーナーは「アメリカンホリック」というお店のトレーナーですが、数年前もここのトレーナーを買い、全く同じ状態で着るたびに首にイライラして、最終的に捨てたことがあります。ですので今回は購入してすぐに対処しました。最初から縫ってくれればいいのに、と思いますが仕方ありません。自分でやります。

そでと胴周りのボリュームを調整する

このトレーナーは全体的にゆるっとしていますが、特に袖にボリュームがありすぎ。これだと、家事をするときに何かと引っかかるし、動きも悪くなるので邪魔です。油がなみなみ入った天ぷら鍋をひっくり返しかねません。

ここが「カワイイ」ポイントであることは100も承知の上ですが、わたしにとっては邪魔でしかないので、調整します。

着心地のいいモンベルのトレーナーで型をとり、一回り小さくミシンをかけていきます。

すると、完璧ではないまでも、これまでよりはイイ感じの袖になりました。胴回りも少し小さくしました。

縫っただけで生地を切ってはいないので、ダボダボしたくなったときは、元に戻すこともできます。

これでようやく、今年の部屋着1軍選手として昇格することができました。このトレーナーは、色と首の開き方が他にはない可愛さで、かなり気に入って購入しました。この首回り、かわいいです。

昨年のトレーナーは、もう着ない

今年は無事に2枚のトレーナーをゲットしたので、これまでのモンベルのトレーナーは不要になりました。ずっと「あったかいけどダサイ・ダサイけどあったかい」とモヤモヤしていたので、手放すことができるようになって良かったです。

息子が気にいったようなので、あげることにしました。

ここまでやる必要ある?

買って着るだけで100%満足できれば、それに越したことはありません。しかし、希望を全部かなえてくれる素晴らしい服は、めったに現れません。それなら、自分で出来ることであれば自分でお直ししようという考えに至り、服選びも少し自由になりました。

「完璧」を求めすぎると、行動できなくなってしまいます。それは服選びも同じで、完璧な服はなかなかありません。ある程度妥協できるところは妥協して、自分の技術でなんとかなるところはお直しして、着ることにします。

イライラする服にちょっと手を加えるだけで、心穏やかに着られる服になることもあります。

毎日「なんか分からないけど、やらなきゃいけないことがいっぱいある(気がする)」という不安があるのですが、今年の秋冬部屋着メンバーが固まってきたので、その点すこしスッキリしました。

 

最新情報をチェックしよう!