陶芸教室27回目

4月半ばから休校していた陶芸教室が、再開されました!

1か月半陶芸から離れて、「陶芸は楽しいけど、なければないでもいいかもしれないな。他にもやることあるし」と思いはじめた矢先の再開。

すごく楽しみな気持ちと行くのが面倒な気持ちがあいまった微妙な心持ちで、行ってきました。

陶芸教室27回目の活動記録です。

ピアスのパーツが焼きあがっていました

家でちょこちょこ作っては釉薬掛けしていたピアスのパーツ。還元のものが焼きあがっていました。

2か月くらい前のわたしは、いろいろ作ったようです。作ってからもうだいぶ経つので、その時のアツイ気持ちが今のわたしの中にはなく、「なんかいっぱい作ったねぇ」と他人事のような気持ちで、焼きあがった作品をみつめました。

皿作り

1か月以上の前に購入した土があったので、お皿というかお椀というか、そういう形のものを作りました。

粘土をコネコネするのは久しぶり。粘土をぐっぐっと練っていく感触、好きです。やっぱり好きだなぁ。
好きなのですが、今は「これを作りたい!」という強烈な思いがなく、陶芸教室でも頭はぼんやりしていてまだまだ本調子ではありません。

長いお休み気分が抜けないままぼーっと粘土をこねて、なんとなくろくろに粘土をのせて、なんとなく出来た形。

白みかげ粘土に初挑戦です。

小鉢・釉薬掛け

素焼きから焼きあがっていたので、釉薬をかけました。

釉薬:白マット
濃さ:普通
かけ方:ズブがけ
焼き方:酸化
これはいったい、どういう思いで作っていたのか。作り始めてから仕上げるまでに時間がかかってしまうと、どんなふうにやりたかったものなのか忘れます。
陶芸ノートには、いつ作ったのかとか何の釉薬をかけたかなどをメモしていますが、その時も気持ちまで詳細に残してはいないので、コンセプトが分かりません。
分からないので、頭がぼんやりしているまま「無難に白マットでもかけるか」と、白マットに。ぼんやり作ってぼんやりしたまま仕上げた作品はどんな風に出来上がるのか。それはそれで楽しみだったりします。

久しぶりの陶芸教室、頭も体もまだもとには戻っておらず。徐々にならしていくような感じです。陶芸教室にくると、わりとあれやってこれやって・・・と忙しく活動しているのですが、この日はぼーーーっと椅子に座って「この間まで何を作っていたかな」「次に何をやろうかな」と考える時間が長かったです。

釉薬をかける作品も大量に溜まってはいるけれど、そこまで精力的にやる気が起こらないので、ぼちぼち無理なく進めていければいいかな。
ここから数回かけて、気持ちを戻していこうと思います。

 

 

最新情報をチェックしよう!