「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」実食。花椒の新たな境地を発見した、中華カレー

  • 2019年10月10日
  • 2019年10月9日
  • グルメ

2019年9月に発売されたばかりのこの商品。コンビニで見かけたので早速購入してきました。コンビニというのは、主婦にとって、時代の流れや消費者のニーズを知るのにとてもいい場所です。コンビニって面積は小さいのに、世間の流行も人の欲望もわかりやすく渦巻いていると思うの。手っ取り早く食べられるおにぎりやパンといった食べ物、発売されたばかりのお菓子やスイーツ、最新号の雑誌、酒・たばこ。うん、分かりやすい。
わたしは普段あんまりカップ麺は食べないんですが、カップライスシリーズは好きです。カップライスがうまいということに遅ればせながら2019の夏に気づいたので、これからさきの人生では積極的に食べようと思っています。

 麻婆カレーメシ

近年、麻婆豆腐とカレーを組み合わせた「麻婆カレー」が人気を博しています。今回発売する「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」は、このもっともトレンディなカレーメニューの味わいを「カレーメシ」流に表現した新商品です。
ルゥは、カレースパイスのほかに花椒 (かしょう) と唐辛子を使用し、麻婆豆腐と同様の “辛さ” と “痺れ” をきかせました。さらに、豆板醤 (とうばんじゃん) と甜面醤 (てんめんじゃん) でコクを、五香粉 (ウーシャンフェン) で中華料理特有の刺激的な香りを加え、辛さの中にもコク深さと豊かな香りが楽しめる一品に仕上げました。
ふっくら食感のごはんに “ネオ中華” な味わいが絡み合う「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」をぜひお楽しみください。引用:日清商品HP

このように、日清HPの商品説明には、

「近年、麻婆豆腐とカレーを組み合わせた「麻婆カレー」が人気を博しています。今回発売する「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」は、このもっともトレンディなカレーメニューの味わいを「カレーメシ」流に表現した新商品です。」

とありますが、近年人気を博していますかね?麻婆カレー。

世間の情報にうといわたしには正確なことはわかりませんが、たぶん流行ってない。トレンディっていうのもふざけてるしね。トレンディとは時代の最先端という意味ですが、昔は「トレンディドラマ」というコトバがあった。その時それは正しいトレンディだった。だけど今はお笑い芸人のトレンディエンジェルがわざと「トレンディだね」というように、今の時代において「トレンディ」はトレンディじゃない。本物のトレンディじゃなくて「おふざけトレンディ」。現代社会においては、今流行しているものに「ナウイ」とは言わない、それと同じ。

マーボー豆腐もカレーも最先端というよりはむしろ歴史のある料理であるし、それらが合体しても最先端ではないような。仮に最先端になり得るほどにうまかったら最先端と名乗ってもいいとは思うんだけど、でもわたしの耳にはそんな情報は届いていないしなぁ。

もしかしたらこの「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」という名前は、麻婆カレーメシは昔でいうところのトレンディであるということを意味しているのではなく、「麻婆カレーメシは時代の最先端だという認識を作り出したい、その為にわざと、昔流行して今ではダサくなったトレンディという言葉を使って印象に残し、今こそトレンディを作り出すぞ」という日清の決意を込めてのネーミング。ネーミングトレンディなのかもしれません。

ふっくら食感のごはんに “ネオ中華” な味わいが絡み合う「日清 麻婆カレーメシ トレンディ」をぜひお楽しみください。

さらにこの、“ネオ中華” な味わいのネオとは、 ギリシア語で「新しい」を意味する語ですから、
「ネオ中華な日清 麻婆カレーメシ トレンディ」という言葉からは新たな中華料理で、俺達、時代の最先端気取っちゃおうぜっというパリピなノリ」とともに、それを真面目に考えて表現している商品開発者の気持ちも垣間見える気がします。

内容物・原材料など

内容量 98g (ライス69g)
希望小売価格 230円 (1食/税別)
発売日 2019年9月2日(月)

カレールゥのところに、豚脂とチキン調味料と書かれています。このカレーは豚肉のカレーやチキンカレー寄りで、牛のウマミのカレーではないということが分かります。また、本来のカレーでは使わなそうな調味料(甜面醤、粉末みそ、粉末しょうゆなど)や、具材(豆腐・肉そぼろ、ねぎ)が入っています。調味料や具材も、普通のカレーと比べると中華料理っぽいチョイスです。

実食

お湯を入れる前。感想した豆腐が入っています。

お湯を入れると泡がふわわ~と出てきます。ここは他のカレーメシと同じです。

5分まってフタを開けると、だいぶ緩い。

それでもこのシリーズ、混ぜ続けると徐々にカレーっぽくなってきますから、それを信じて混ぜる。だけど、どうもカレーっぽくなりません。本来の出来上がりがそもそも他のカレーメシに比べて緩いのかもしれないし、単にわたしがお湯を入れすぎただけかもしれないんだけど、ちょっとほかのカレーメシとは雰囲気が違う出来具合になりました。最初にいれるお湯は、少な目で作った方がいいかもしれません。

ほぼスープカレーの状態で食べてみると、確かにカレーなんだけど花椒(ホアジャオ)の味が強い。この味が強くて、他の味は良く分からない。カレーだということはわかるけど、カレーそのものではない。

花椒っていうのはマーボー豆腐を作る時に入れるスパイスで、中国料理に使われる山椒の仲間。中国で麻(マー)は花椒のしびれるような辛さを指す言葉です。マーボー豆腐のマーですね。今回の麻婆カレーメシは、マーボー豆腐とカレーの組み合わせなので、名前から予測しても、「マー」であるホアジャオとカレーのスパイスの組み合わせは正しいと思う。だけど、食べた感想としてはカレーのスパイスの方が負けている気がする。

どっちもスパイスだからね、スパイスとスパイスを合わせたんですね。スパイスっていろいろあるけど、こうして味わってみると、ホアジャオの味って個性が強い。カレーの中にはたくさんのスパイスが入っているはずなのに、ホアジャオは際立っているから。マーボーカレーなので、ホアジャオの他にもマーボーっぽい材料(甜面醤・豆板醤・唐辛子みそなど)も入っているけど、それらの味は個別には主張してきません。あ、味噌っぽいねとはならない。これらはカレーのなかにうまいこと溶けあって、中華っぽいカレーとしてまとまってるけど、ホアジャオは溶け込まないね。孤高の戦士ならぬ孤高のスパイス。これまでホアジャオは自分で料理する時に大量に使ってきたけど、カレーに入れたことはなかったので、カレーにいれてもこんなに主張するコだったとは知りませんでした。

マーボーカレーというと、マーボー豆腐の上にカレー、もしくはその逆を想像したけれど、カレーのみの味でもないし、マーボー豆腐のみの味でもない、完全に合体させて両者をいい塩梅に共存させるという、「こういうジャンル」としてアリな気もします。これがOKなら、カレーといろいろな料理を合体させてあたらしい料理を産む出すことも今後可能かもしれない、という意味で世界は広がります。

もちろん、何かの上にカレーをかけるのではなく、完全に合体させるという方向で。カレーはそれだけでスパイシーなので、そのスパイスに負けない料理を合わせたいものです。ヒマな時に、考えてみたいと思います。

こんな人におすすめ

麻婆カレーメシ、思いのほか中華感(ホアジャオ)が強かったです。「マー」のしびれる感じとホアジャオ独特の香りが苦手な人にはおススメできません。この香りを和らげるために、水や食材や調味料を足すくらいなら、食べない方がいいと思う。逆にホアジャオの香りが好きな人とか、ちょっと変わったものが食べたい人には、ぴったりくるかもしれません。おもしろいコンセプトの商品だと思います。定番のカレー感はあんまりなくて新たなカレージャンルへの挑戦と感じたので、そういうのをおもしろがっていっしょにトレンディしてくれる人へお勧めします。

最新情報をチェックしよう!