【レビュー】ブラックサンダーしっとりプレミアム 高級感が凄くてブラックサンダーを超えてる

新しいブラックサンダーを見つけました。名前からして美味しそう。
さっそくレビューします。

大好評の「ブラックサンダー大人のプレミアム」がパワーアップして 冬季限定で復活!

ブラックサンダーシリーズから「ブラックサンダーしっとりプレミアム」を、2019年12月16日(月)より全国のコンビニエンスストア限定で発売いたします。

今年の『ブラックサンダーしっとりプレミアム』は、しっとり感アップ!
北海道産生クリームと、高級ブランデーをしみ込ませたチョコレートケーキ を配合した上品な味わいに仕上げました。
冬季限定の美味しさを是非お楽しみください!

商品名 :ブラックサンダーしっとりプレミアム
参考価格 :50円(税別)
内容量 : 25g
発売日 :2019年12月16日(月)

ブラックサンダー 商品HPより

わたしが発見したのは2020年5月ですが、なんと発売日は2019年12月でした。ビックリダヨ。半年間も気づかなかったかねぇ。

それでは見た目から。

「生クリーム」「しっとり」「洋酒」という単語に惹かれます。パッケージの見た目自体はオシャレな感じではありません。見た目は駄菓子っぽいというか、ブラックサンダーの仲間だなという感じ。

中はこうなっています。
ブラックサンダーといえば、ゴリゴリした感じのクッキーをかみ砕いて食べるのが醍醐味ですが、このブラックサンダーしっとりプレミアムはそういう食感ではありません。

原材料を見てみましょう。

原材料名

準チョコレート(砂糖、植物油脂(大豆を含む)、全粉乳、ココアパウダー、カカオマス、乳糖、全粉乳、植物油脂、脱脂粉乳、ココアバター)、チョコレートケーキ(卵を含む)、チョコレートチップ(カカオマス、砂糖、ココアバター)、植物油脂、乳等を主要原料とする食品(生クリーム(北海道産100%)、脱脂粉乳、乳糖、砂糖)、ブランデー/グリセリン、トレハロース、乳化剤、膨張剤、香料、着色料(カロチン)

ブラックサンダー 商品HPより

原材料にチョコレートケーキと書かれていますね。口溶けの良い専用のココアクッキーと、洋酒(コニャックV.S.O.P)を染み込ませたチョコレートケーキを配合したブラックサンダーらしいです。

食感としては、ブラックサンダーを期待していると期待を裏切ってくる。商品の名のとおり、しっかりとしっとりしています。そしてまわりをコーティングしているチョコレートも柔らかい。これはわたしが外で持ち歩いていた時間が長かったせいもあるかもしれませんけれども。それもまたよしです。

中は洋酒の入ったケーキにチョコを混ぜて固めた感じで、これはもうブラックサンダーではないです。いい意味で。

ブラックサンダーのチープなおいしさとは別の美味しさで、マジウマです。これがね、半年も前に発売されていたなんてホントにびっくりなんだけど。

以前、コーヒー味のブラックサンダーをご紹介しましたが、あれなんかは非常に良いブラックサンダーでした。

関連記事

ブラックサンダーって美味しいですね。わたしはチョコレートが好きですが、チョコレートそのものよりもチョコ菓子が好きなので、ブラックサンダーはまさにわたしの好みにドンピシャのお菓子。2020年1月にわたしはリンドールというチョコにはまり[…]

ザクザク・ガリガリのビスケット、ジャンクなチョコレートにコーヒー味。ブラックサンダーってつくづくいい物だなぁと思いましたが、このしっとりプレミアムはそうではなくて、この商品はこの商品として独立して美味しい。ブラックサンダーっぽくはない。

高級チョコ路線ですね。1個50円でこのプレミアム感は単純にすごい。しっとりして、なめらかで、洋酒の香りもするし、子どもにはもったいないし、大人にだって、ちょっとしたご褒美チョコになります。これをブラックサンダーのパッケージから出して、「デパートで、高級なチョコ買ってきたよー」と言ってお友達に出せば、「オイシイネー、中のしっとりがトリュフみたいだね!」となること請け合い。

自分でチョコレートや生クリームを買ってきて生チョコを作るにしても、このクオリティを50円で作るのは難しいと思う。安いのに味は高級。ブラックサンダーとしては50円なのでお高い部類ですが、これはもはやブラックサンダーではないし、味でくらべるなら、この味レベルのチョコレートで比べるなら爆安。はげしくお値段以上。

わたしとしてはブラックサンダーファンの方にはおすすめはしないけど、おいしいチョコレートとしてなら全力でおすすめできる商品だと思いました。これは、本当に美味しいチョコレート。パッケージがもっとオシャレだったら、もっともっとお高いお値段で売れるチョコレートでしょう。

このチョコは、ブラックサンダーの仲間であることで損をしていると思います。本当にこの味を届けたい人のところに、行けない気がします。

 

 

最新情報をチェックしよう!