【おすすめ調味料】くめじまのガーリック塩

スーパーに行っては美味しそうな調味料・ドレッシング開拓をしているわたしです。
今回は先月出会った調味料についてご紹介します。

くめじまのガーリック塩とは

久米島にて無農薬栽培したニンニクと焼塩、淡路島産の甘味の強い玉ねぎと全て国産にこだわって作られた商品。

ネットで調べたところ、なんと日本初の、オール国産原料にて作られたガーリック塩なんですって。自社農園にて収穫されたニンニクと久米島産の塩を使っているらしい。

原材料

原材料は、 食塩(久米島産) 、ニンニク(久米島産)、オニオン(淡路島産)
というシンプルさ。

そしてすべてが国産かつこだわった材料。調味料の原材料って、よく分からないカタカナのものとか保存料とか着色料とかナンダカ体に悪そうな気がするものが含まれていることが多いと思うのですが、こちらの商品はシンプルな材料(たった3つ)で、全部が理解できるし(これはいったい何?というものが入っていない)、国産にこだわっているというところも安心安全。

家族の健康と食事のおいしさ・楽しさを支えている主婦としては、美味しいのはもちろんのこと、出来るだけ安全なものを選びたい。そういう点でもこの商品は素晴らしい。思わず、「これ良さそう!」と思って購入しました。

食べてみた

蓋をあけると、ニンニクの食欲をそそる香り、そして玉ねぎの甘味があいまったなんともいい匂い。塩だけど、刺すような塩気はなくまろやかです。これは玉ねぎのなせる業でしょうか。

ただのガーリック塩よりもまろやかで、旨味に深みがあって、刺すような刺激的な塩感ではなくて、旨味の強い塩です。めーーーーーちゃ、うまい。

おすすめの使い方

量的に、これを炒め物の味付けにするといった使い方には向いていません。
唐揚げとか、ステーキとか、ローストビーフ、焼き肉といった肉料理の、「食卓でのチョコっと足し」に特におすすめです。

これは砂肝のから揚げです。基本の味付けは薄めにし、このガーリック塩で仕上げという感じ。とにかくうまい。一気に、さらにうまくなります。

ステーキを食べる時であれば、醤油をかけたりステーキソースをかけたりすると思いますが、このガーリック塩もめっちゃあいます。シンプルで脂っこくないのに深みのあるガーリック味になります。

オニオンが入っているだけに、ガーリックのみの商品(ガーリックパウダーとか)よりもガーリック感は少ないので、口にニンニクの味が残るということもあまり気にせずに使えます。

バターをぬったパンにふりかけてトーストすればガーリックトーストにもなるし、サラダにかけてもおいしい。ポテトフライなんて合いすぎる。ジャガイモを素揚げして、これを振りかければ完成。ジャンク感でとまらない美味しさ。

まとめ

とにかくおすすめしたい調味料。1瓶500円なので量を考えるとちょっとお高いですが、一度に大量に使うものではないし、肉一切れにパラパラっと振りかけて使うようなものなので、そういう使い方をしている限りはなかなか無くなりません(我が家では1か月で1瓶の3分の1ほど使用しました。)

ガーリック調味料好きの方にプレゼントしてもいいかもしれません。絶対喜ばれます。

最新情報をチェックしよう!