陶芸教室 1月の作品

  • 2020年3月8日
  • 2020年3月6日
  • 陶芸

1月に陶芸教室で作った作品が出来上がりました。

酸化

今月の酸化は茶碗2個に箸置き3個

茶碗は大きくゆがんでいます。アメの方は、薄く作りすぎました。これでお茶を飲んでみたら大変熱かったので、湯呑は分厚く作った方がよいことが良くわかりました。

湯呑はふたつとも指跡がいっぱい残っています。手びねり間をだすという目的ならいいかもしれないけど、わたしはイヤ。制作工程を見ていない先生には「しのぎを入れたんでしょ?」と言われました。そのくらい「わざと入れたかのように」スジが出ていました。

箸置きは普通に使えます。

 

還元

還元は小鉢1個・皿1個・湯呑1個・箸置き1個。

この回の作品は、どれも使えるものに仕上がりました。

1回目
釉薬:トルコ青
濃さ:薄め
かけ方:霧吹き
2回目
釉薬:天然土灰
濃さ:濃い
かけ方:ズブがけ2回
焼き方:還元

裏面の様子

濃くかけた天然土灰がぽってりとして、わたしの好みです。
かわいい。


1回目
釉薬:白マット
濃さ:やや薄め
かけ方:ズブがけ
2回目
釉薬:うすみどり
濃さ:普通
かけ方:霧吹き
焼き方:還元

うすみどりをふきつけたこのお皿は、野菜をちょこっとのせるのにちょうどよいです。


釉薬:黒釉
濃さ:普通
かけ方:ズブがけ

この小鉢、多めのサラダを盛り付けたり、小さめのどんぶりとしてもまことに使い勝手のよい大きさです。
真っ黒なので面白みはないのですが、食卓への登場回数は多いです。黒だから汚れも目立ちにくそうだし。

メモをし忘れて何色だか分からない箸置き。
何色だか分からないけど、自分で選んだ色だけあって、好きな色。
見ているだけで嬉しくなります。

感想

入会した月にしては、それなりの出来だったと思います。素人なのに、家で使う分には問題のない作品が出来上がってうれしいです。特に、黒い小鉢とうすみどりの皿は使い勝手がよく、購入した食器と同様に使えています。

気に入っているのは天然土灰をかけた湯呑です。
指跡がたくさんついたちゃわんは、今後の参考の為にしばらく取っておこうと思います。
最新情報をチェックしよう!