マーロウ:バレンタイン限定 アイリッシュウイスキー生チョコ。モスグリーン陶器が超絶かっこいい

  • 2020年1月27日
  • 2020年1月27日
  • グルメ

マーロウ生チョコレートがバレンタイン限定で陶器の器に入っているということを書きましたが、その時はまだ発売されていなかった『アイリッシュウイスキー生チョコ』を購入してきました。

関連記事

マーロウの生チョコレートが大好きすぎるわたしですが、突然夫がお土産で買ってきてくれました。わたしのブログ記事を読んで、わたしがずいぶん好きそうだから、と。ブログに書いてみるもんですね。それに好きなものは好きって素直に表現したほうがい[…]

商品情報

モスグリーン陶器入り アイリッシュウィスキー生チョコ

バーボン用の樽で最低10年以上熟成をさせたアイリッシュウィスキー(ブッシュミルズシングルモルト10年)を使用した、ウィスキーのコクと風味を強く感じられる、お酒好きの方にはたまらない大人の生チョコレートです。
(1個あたりリキュール、ウィスキー合計50ccほど含まれます)

引用:マーロウ商品HPより

アメ色の陶器に入った生チョコはシンプルな生チョコで、こちらはウイスキー入りの洋酒生チョコということです。

原材料・内容量

原材料 :生クリーム、チョコレート、ベイリーズ、ブッシュミルズ、水あめ
内容量 :200g

価格

販売価格1,869円。

これを高いと思うか安いと思うかはその人次第ですね。アメ色の陶器に入った生チョコは1,491円ですから、こちらの方が洋酒入りの分ちょっとお高いです。

実食

スプーンですくった状態。生チョコレート(ウイスキーが入っていないもの)に比べると柔らかく、スプーンですくいやすい。
口に入れると、強い洋酒感が鼻に突き抜けます。濃厚だけどくちどけはなめらかで、口の中でさっと溶けていく。

この洋酒感、何かに似てる・・・。そうだアレだ。

ラミー

ということでラミーと食べ比べてみました。

ラミーとの比較

味の比較

ラミーは生チョコっぽい部分(ラムレーズン入)と外側のコーティングチョコレートの2層構造になっています。味が似ているのは内側の柔らかい部分なので、内側の生チョコっぽい部分をスプーンでかき出します。

上の黒っぽい方がマーロウ、下のミルクチョコっぽい色がラミーです。

比較して食べてみると、マーロウの方がくちどけが滑らかで早く溶け、鼻に抜ける洋酒感も強いです。ラミーの方がマイルドな洋酒感でチョコ部分もミルキーです。

わたしはアルコール全般に弱く、ウイスキーの味も分かりません。ラミーの方は洋酒チョコレートと書かれていますが何の洋酒が分からないし(ラムレーズンが入っているからラム酒なのでしょうか?)、教えてもらっても「ふーーん、そうなんだ」という感想しかありません。こういうたぐいを全部まとめて、洋酒っぽい味、くらいにしか分かりません。

なので、マーロウが『バーボン用の樽で最低10年以上熟成をさせたアイリッシュウィスキー(ブッシュミルズシングルモルト10年)』というこだわったウイスキーを使っているのに、わたしにはそれだからといっておいしいのかどうか?までは分かりません。おいしいということは分かりますが、そこどまりです。

値段の比較

ラミーは 1本45gで1箱2本入りなので、1箱90g。わたしの近所のスーパーでは大体180円位なので、180円とします。

商品内容量価格100gあたりの価格
ラミー1箱90g180円200円
アイリッシュウイスキー生チョコ1瓶200g1869円1034円

こうして比べてみると、だいぶ価格差がありますね。ラミーは高級感のある洋酒チョコながら近所でもどこでも買えるという安心感と手ごろ(高級チョコと比較して、という意味)な価格。マーロウの生チョコの方は、シンプルな材料やブランドイメージ・期間限定の陶器の器という点でプレミアム感があり、その分お値段もお高めです。

比較した感想は、マーロウの方がくちどけは滑らかで洋酒の香りも味も強く、高級感を感じます。ラミーは食べ慣れた安定の美味しさ。今回は比較の為に中身をほじくりだして食べましたが、やはり中のラムレーズンやコーティングされている外側のチョコ部分まで含めて一緒に口の中にいれて、むしゃむしゃ食べた方がおいしいと思いました。

何といっても、陶器の色の美しさよ

今回 『アイリッシュウィスキー生チョコレート』を購入したのは、食べてみたかったのはもちろんのこと、器を手に入れたかったということも大きいんです。写真でみるとね、ただの水色って感じだけれど、実物はもっともっと美しい。

店舗でずらりと並んでいるのを見た時もあまりの美しさに息が乱れたけれど、家に連れて帰ってきて眺めてもやっぱり素敵。絶妙な色具合。落ち着いた渋みのある水色。

HPでは「モスグリーン」と表現されていますが、グリーンというよりはブルー系統の色。しかも一色じゃなくて、濃い薄いもある。水色という若々しさと、濃淡と渋みのある色合いが共存し、色の重みを深くしています。
なんていうのかなぁ。正確には表現できない色なんだけど、あえて表現するなら渋くて素敵。言葉にするとチープですね。とにかく素敵な色です。いつかこんな色の陶器の器を作りたいです。

生チョコレートとアイリッシュウィスキー生チョコレート、どっちがおすすめ?

今発売されている生チョコは、アメ色陶器入りの生チョコレートと、モスグリーン陶器入りの生チョコがあります。この二つを比較してどちらが美味しいのか?どちらがおススメか?と聞かれたら、洋酒チョコが好きな人はモスグリーン陶器の方を、洋酒が苦手な方やシンプルなチョコ好きな人にはアメ色陶器の方をおすすめします。

わたしは「よりシンプルな味の、アメ色陶器の生チョコレート」の方が好みでした。

ラミーはアイスも美味しいですよね。この記事の中に感想を書いています↓

関連記事

10月になり、スーパーでは冬がはじまりました。チョコが美味しい季節になってきましたね。わたしのようなチョコ好き人間としては、秋も冬も夏もいつだってチョコはおいしいんです。だけど、それは世間がね、認めてくれないんですよね。チョコといえば冬。定[…]

最新情報をチェックしよう!