アイリスオーヤマ  サーキュレーター アイPCF-SDC18Tをレビュー。一般家庭には過剰すぎる、ハイスペックサーキュレーター

  • 2019年9月14日
  • 2019年9月22日
  • 生活

サーキュレーターを買おうかな、なんて考えていたんです今年の夏は。扇風機とサーキュレーターの違いも知らずに。
近所の家電量販店に見に行きましたところ、いろんなサーキュレーターがあって、これは面白い機械だなと。その中でも群を抜いて面白いと思ったのが、左右だけでなくて上下にもくねくね動くもの。商品名などは詳しく見なかったのですが、買うのであればこういう動きをしてくれるのがいいな、なんて思っていました。そしてしばらくの間、サーキュレーターのことは忘れて生きていました。
しばらくたって夏も終わり掛けたころ、ご縁があり唐突にサーキュレーターが我が家にやってくることになりました。正確にいうと、夫が購入してくれたわけです。わたしの「サーキュレーターが欲しい気持ち」を、夫が察知してくれたのでしょう。ありがたや。
そして今、サーキュレーター生活3週間が経過し、その快適な使い心地にもっと早く買っておくべきだった!と思うほど大満足していますのでさっそくご紹介しますね。購入したのはこの商品です。

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ
2019年モデル PCF-SDC18T(高機能モデル・30畳)
商品の詳細はこちら アイリスオーヤマ 商品HP

とにかく静か

静かでパワフル。羽根にもこだわり

表面積を広く取り、多くの風を捉えて出す立体形状の羽根。
風切り音を抑えながら、十分な風を生み出します。アイリスオーヤマ 商品HPより

このサーキュレーター、静かなんです。風量が10段階あって、「2」まではほぼ無音。「3」から少し音がして、「4」からは頑張ってるなって音がしますが、何か作業をしていてうるさいという音ではありません。そばでTVを見ても、全く邪魔にならない。

寝る時は優しい風がいいなと思って「2」で運転していますが、ほぼ音がしないので、電源入れてるのを忘れるほど。寝るのに「うるさくて気になって眠れない」ってことはないです。これまで購入してきた扇風機だとけっこう運転音が気になるタイプもあって、寝ようとする寸前は「ウイィーーーーーーン」という音が気になったこともありましたが、その問題は皆無です。

DCモーター搭載でパワフル送風

新構造スパイラルグリルが直進性の高い気流を生み出す

こだわりは『丸』型形状。従来の平面型形状よりも丸型形状にすることで、風が中心に集まり風速が上がるため、直進性の高い気流を生み出せるようになりました。さらにモーターも改良したことで羽根の回転数を上げ、約30%の風速向上。適用畳数アップを実現しました。
そして、当社独自開発の広い表面積の羽根を採用しているため、一回の回転における送風量を増やすことができ、空気をより効率的に循環できます。アイリスオーヤマ 商品HPより

風が強い!こんな小さいカラダのどこからそんなパワフルな風が?と不思議なほど。DCモーター搭載だし、モーターも改良したとか言ってるし、適用畳数もアップしたとか。この1台で30畳の広さの部屋まで対応できるらしいんです。
普通の家で30畳ってまずないと思んですが、どうなんですかね?オフィス用なんでしょうか。
我が家はリビングで使ってますけど、30畳っていうのはハイスペックすぎますね。ハイスペックな分には嬉しいけど。さすがに30畳用だけあって、「風足りねーなー」と思ったことはないです。たとえばわたしがダイニングでくつろぐとき、このサーキュレーターをテーブルにのせて私の顔面に風を直撃させたりしてますが、すっごい涼しいしすっごい目が乾く。椅子の下の方から体に風を当てるのもお気に入りです。

小っちゃくて白い

コンパクトサイズというのも、この商品のウリ。

部屋がすっきりする

高さがなくて小さいので、存在を主張しない。扇風機って絶対に要るものと思っていたけれど、高さがある分「そこにいるな」って感じがあって正直に言っちゃうと邪魔。このサーキュレーターは空間をしめる容量が少ないので目立たず、そっと床でたたずんでいるような控えめさ。

「小さいからパワーも小さい」だと困るんだけど、コイツは小さいのにそんじょそこらの扇風機よりずっといい仕事(強い風)をしてくれる。小さな巨人っていうのかな。

色が白いので、インテリアになじむ

色が白いっていうのもいい。扇風機だと、なんだかしらないけど、羽が青かったりでインテリア的にどうなの?ねぇ、そういうの考えなかったの?っていうのもあったりします。そりゃね、性能がいいのが一番なんだけどさ、色が変なのもね。どうせ色をつけるんであれば「白にしてよ」っていう。なにかと全部白くしてほしいと常々思ってますが、おしゃれさと機能を兼ね備えた扇風機ってなかなかなかったりしませんか?

わたしは、買った扇風機の色が気に食わず自分で白く塗ったことがありますが、素人が塗っているからやっぱり塗りムラもあるし、自分で塗ると剥げてきちゃうしであんまり美しくない。もともと白一色ならどんなにいいか、と思うんです。このサーキュレーターはそんなわたしの希望を叶えてくれる白。正確に白+グレー。グレーなら、他の色に比べて極めて地味で主張の少ない色なので、まだマシです(欲を言わせてもらえるなら、白一色か、もっと色の薄いグレーが希望です)。白だと、色に気持ちをかき乱されることがないので、見ていても心地いいのです。

小っちゃくて軽い

驚くほど軽い1.9kg(正確にいうなら1.89kg)体感すると、信じられないくらいの軽さ。ウチで使っているフライパンより軽い。

【コンパクト】驚くほど小型サイズ。さらに1.9kgだから、女性でも簡単に設置場所を変更することができる。アマゾン商品HPより

アマゾンには「女性でも簡単に設置場所を変更することができる」なんて紹介をされていますが、これは設置なんていうたいそうなもんじゃなくて、持ち歩いちゃうレベルよ?風を送ってくれるカバン。そう、カバンレベルに気軽に持ち運べる。

この機械が家に来てからというもの、いつもわたしのそばに寄り添ってくれています。「寄り添って」というよりは「強引に連れまわして」いるといったほうが正しいですが。朝はダイニングテーブルの下において、椅子の下から自分だけの為に風を送ってもらい、家族みんながいるときはリビングの真ん中で大きい首振り範囲で全体に風をおくる。ダイニングで食事する時は、ダイニングテーブルの端において、60度で首振りして顔に風があたったままご飯を食べる。なんならトイレにも持って行っちゃうし。もちろん寝る時も一緒。

狭い範囲で直撃の風

「夏の料理中は熱い。わたしだけを冷やして!」

これ、主婦のみなさんならそう思ったことは1度や2度じゃないはず。夏の料理中はとにかく暑い。冷蔵庫とキッチンの間を何度も行ったり来たりして、バシバシ野菜も切って、火も使うし。エアコンかけてても、エアコンなんかじゃたりなくて、もっと直接的にわたしを冷やして!!って思いますよね。でも実際これやると、コンロの火が暴れちゃってどうしようもなくなるんですわ。あっついから風を当ててほしいけど、そっちじゃないんだって!!と。自分のとこだけじゃなくて全体にムダに風がいっちゃって、これで首振り機能なんかにしたら目も当てられない。扇風機は広い範囲で風を身体に充ててくれるものだから仕方ないんだけど、だから工夫してコンロ側に扇風機をおいて自分の方に向けてもやっぱりコンロの火は消えそうになる。コンロに全く風がかからずに料理するっていうのは難しい(これまでの体験からして)

だけど、このサーキュレーターというものは風が狭い範囲で直線的に送る機械。風はまっすぐにわたしの元にやってくる。だから、これまでのように「コンロの火に風を当てないように」扇風機の場所をあっちこっち工夫しなくても、ひょいっとダイニングテーブルにでもおいて自分を直撃させておけばOK。マジ便利。わたし専用持ち運び扇風機と化しています。

こまやかに風量を調節できる。

連続モードで10段階に風量を調節できます。わたしの場合は身体に直撃させることが多く、その目的だと2とか3くらいで十分ですが、エアコンと併用で部屋全体の空気をかき混ぜたいときはもっと強くしていますし、レベル10は相当な強さです。雨の日、洗濯ものに扇風機の風を当てていたこともありますが、風がいろんな方向に逃げるのでイマイチだなと思ってたんですけど、サーキュレーターなら直接的に送ってくれるし、風量も十分です。
加えて強制撹拌モードなんていうモードまであり、これはもう、すごい勢いの風と動きで、どひゃーーーーーと全体をかき混ぜてくれます。このモードだと、これでもかってほど動いて働いてくれて、なんかもう「すいませんね」って感じです。

動きがキュート!

このサーキュレーターの動きは、上下・左右の自動首振り。

左右だと、60°⇒90°⇒120°の順に設定角度で左右に首ふりしてくれます。この左右に動くとき、本体ごと動くんです。これがかわいいの。扇風機だと、頭の部分(っていうのかな?)だけが動きますけれど、これだと身体全体で向きを変えているような動きなのです。

それから首振りの角度が変えられるのもイイ。ほんの少しの範囲だけで首を振ってほしいのに、設定できなくてすっごく広い範囲まで首ふってる扇風機!そう、お前のことだ!あれ、けっこういらついちゃうんです、わたし。
このサーキュレーターだと、左右で首振りの上に、上下も動く。台の上で丸い目玉がくりくり動いているような動き。これがまたかわいい!左右と上下同時に動くので、くねくねふりふり。かわいいなーー。ペットみたいでなんだか癒されます。こんなふうにくねくねするから、部屋全体の空気をかき混ぜてくれてる感もあります。

リモコンが本体に収納できる

扇風機のリモコン、使う人もいるかもしれませんがわたしは使いません。使ったことがありません。だいたい近くにいるから。わたしはいらないんだけど、たいていの場合、標準装備としてリモコンが付いてきちゃうんですよね。「リモコン付き」は便利機能としてウリになるポイントかとは思うのですが、わたしにとっては邪魔なんです。だけども、最初からついてくるものを、わたしがいらないから捨てるのは、それは忍びないんですよ。だけど邪魔。いっそのこと「えーーーい、ままよ」と捨ててしまいたいものですが、もし捨てたとしたらそういう時に限って他の人がリモコン使いたくなるんでね。そういうものですよね。
しかしそのへんに放置するとなくなるし、何のリモコンか分からなくなるし、家族がリモコン使いたいって時にリモコンどこ?ってなるし、リモコンっていうのはつくづく扱いが面倒です。

最初から「リモコン無し」がベストではありますが、付いてきちゃうんなら本体とセット状態にしてほしい。これが理想です。それも、しっかりしまえる場所に。
以前、首の部分にリモコンを設置するタイプの扇風機が我が家にありましたが、首の部分だと持つとき邪魔なんですよね。ぽろっと落ちたりするし。
このサーキュレーターの場合、本体の背面(上側)に取り付けられます。上側なので「そこにある」ということはいつも確認できるし、持つとき邪魔にならないし、収納場所としては最高です。


リモコンは取り外ししにくい

本体にがっつりくっついていますので、さっととれるようなヤワではないです。ちょっと動かした程度じゃおちません。本体を持って逆さにしても落ちないくらい。落ちないのは大変よろしいのですが、リモコンを使いたい人にとっては(リモコンのわきに、指で挟めるほどのスペースがないので)取り外しにくくて苦労します。なので、この赤丸の部分に紐でもくっつけておくといいと思います。

電気代が安い

これはアイリスオーヤマ商品購入ページにあった情報ですが、電気代は、一日8時間つかって1日7.6円だそうです(詳しい情報はHPで確認してください)。わたしは8時間以上使ってますし、電気代はサーキュレーターを選ぶ時の第一条件ではないかもしれませんが、安ければ安いほどいいですよね。

操作が分かりやすい

みて下さいこの操作パネル部分。分かりやすいです。説明書を見なくても、だれでも使えます。設定も簡単で家族みんなに優しい。

欠点は?

2019年の新商品ということもあり、今考えられるサーキュレーターの中でトップクラスの性能をほこる品だと思います。性能については申し分ないです。なので、あえて欠点をあげるとしたらやはり「値段」。
アイリスオーヤマの公式通販サイトで13,800円+税。税込で14,904円ですから、約15000円です。安いサーキュレーターも多数ある世の中、サーキュレーターの機能として「基本的」なことだけ求めるなら安いもので十分と考える人もいるでしょう。
でもこの「PCF-SDC18T」はお高いだけあって、高性能でおしゃれで軽くてコンパクトでいうことないです値段以上の価値があると思いますし、わたしにはありました。

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイPCF-SDC18T まとめ

ぱしからさん

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイPCF-SDC18Tは、今年の夏一番の素晴らしいお買い物でした。値段や性能から考えても、間違いなく、現時点で購入できるサーキュレーター世界の中で最高!(わたしにとっては)。他のサーキュレーターと比較すると値段は高いですがこのクラスの性能のサーキュレーターを有名なメーカーで買おうとしたら、もっともっと高いんじゃないかと思います。
わたしはもうこのサーキュレーターなしでは生きていけません。という文章も、このサーキュレーターの風にあたりながら書いています。

最新情報をチェックしよう!