発達障害っぽい人間の、ちょっと何言ってるのか分からない日常。

何かのマンガを読んだり、本を読んだり、映画を見たり、話を聞いたり。
そんな中で「なんだかよく分からないな」ということ、ありますよね?
もちろんわたしはいっぱいあります。

「あんまり理解が出来ない」ことがいっぱいあるので、ちょっと複雑な話の展開とか、伏線がいっぱい貼られた話とか、時間軸があっちこっちに動く話は、苦手です。映画も小説もドラマも。頭が付いていきません。

サンドイッチマンのコントじゃありませんが

ちょっと何言ってるか分からない
しかし、全てにおいて「何も分かりません」ということではなく、いたってフツーな見た目だし、いっぱい勉強もしてきたしクソ真面目で努力家なわたしです。だから、こういったわたしのような『ちょっと発達障害っぽいグレーな人』というのは、ちょっと話したくらいではそのオカシサを他人に気づかれることはないでしょう。ちょっと変わってる人だね、くらいのものだと思います。
わたし自身は、例えば算数の問題を解くとしたら、文の内容を理解して問題を解くことは出来ました。しかし他人の指示だと「なんでそんな言い方するの?分かりにくいんだけど」と腹が立つことが多かったです。「過去を振り返ってみれば、わたし、そういうことでイライラすることが多かったなぁ・・・」と思いだしたという話です。
昔は、なんで他人は
「分かりにくい話し方をするのか?」
「分かりにくい説明をするのか?」
「ヤツらは正しく分かりやすく説明する力や、そういう気持ちが足りないんだ」
と思っていました。今思えば、わたしに「他人が言っていることを理解する力が足りなかった」という部分もあるようです、その点は反省しています。
しかし。だからと言って、我々に適当な説明をしていいわけではありません。
われわれのようなちょっとアレな人々というのは、勘違いしたり深読みしたり、はたまた理解できなかったりすることが大変多いのです。
そういうことは日常茶飯事なので、なんにも省略しないでしっかり細かいことまで話してほしいんですよね。
たとえば今朝のことですが、会社に行った夫から
車で行かないから、邪魔ならマスクおろしといて
とメールが来ました。
何を言っているのか分からなかったけどすぐ返信しないと後で何か言われることが多いのでとりあえず「分かった」と返事はしたけど、何言っているのかしばらく分かりませんでした。
この時わたしはリビングにいて、棚にのせてあった携帯電話を取って返信をしました。その棚に「昨日私が縫った布マスク1枚」が置いてあったので、夫のメールを見て「マスクってこれ?」と思ったのです。しかし、棚にのっているマスクは1枚で別に邪魔じゃないし、おろすっていってもここは1階だし?マスクが置いてあった棚が2段目だから1段目に置けってこと?それとも床?でもそれって何が意味あるかなぁ・・などとひとしきり悩みました。
しばらくたって、夫の言っているマスクが「前日に車に乗せたマスク」のことで、もしわたしが車で買い物に行くとしたら(荷物を置く場所にマスクの段ボールをのせているので)それがが邪魔なら、いったん車から降ろして家に戻していいよ、という意味だと理解しました。わたしをきづかってそうメールをくれたのですね。やさしい夫です。
しかし、メールを読み解くのも疲れるのです。簡略化された言葉、短い言葉をパズルのように理解していくのって疲れます。
なんというか、日常生活が名探偵コナンみたいな。推理っていうんでしょうかね。他人が好きで推理をやってる分にはかまわないけれども、こちらは推理好きではありませんし、やりたくもない推理をするのは疲れるので、疲れないように伝えてほしいのです。
「誰にでもどう受け取っても受け取り方は一通りしかないという話し方・書き方」がわれわれには必要です。あいまいな表現だと、受け取る側の理解によって誤解が生まれがち。あいまいな表現に出会うと、「具体的に・簡潔に、分かりやすい」言い方が出来ないもんかね?と腹立たしくもなります。
何言ってんだがわかんないんだけど!!
自分の理解力を棚にあげておいてナンですが。
世の中、大抵のことはスルーすればいいし、友達くらいの距離感だと笑っておしまいでいいんだけれども、ちょっとしたすれ違いでもこれが夫婦とか家族だと積もり積もってきてお互いにイラつく原因になります。
ですので、もしこれを読んでいる方でパートナーがそれっぽいなという場合には、ぜひ「どう頑張っても誤解を生み得ない言い方、メールの仕方」を工夫して、伝えてあげると良いと思います。お互いの幸せの為に。
是非お願い致します。
最新情報をチェックしよう!