【ローソン】ヤマザキ ドルチェプリン 珈琲味 コーヒー味で久々のヒット商品

  • 2019年10月14日
  • 2019年10月15日
  • グルメ

ローソンに行ったら、美味しそうなデザート発見。わたしがこれに惹かれたのは「珈琲味」というところ。以前ドルチェプリンという商品を見かけたこともあるのですが、その時は買おうと思わなかった。だけど、「コーヒー味」って言われちゃうとね。コーヒー味好きの私としては買うよね。コーヒー味、大好きだから。コーヒーも毎日のんでるけど、どちらかというとコーヒー味の方が好き。コーヒー味についてはこちら

まず、「ドルチェプリン」という商品が2019年9月からローソンで販売されています(一部を除く関東地域の店舗で販売)。わたしがこの商品を見つけたのは2019年10月の第2週。だけどね、この商品、探しても探してもネットで情報が出てこない。ローソンの公式ページにも見当たらない。一体どういうことなのだろう?と不思議なんですが、レア商品なんでしょうか。ドルチェプリンは関東限定みたいなので、こちらもそうかもしれません。情報が見つからないというナゾを抱えつつ、レビューします。

栄養成分・原材料

いざ実食:ヤマザキ ドルチェプリン 珈琲味

プリンの食感って3つあると思うんです

プルプル系3こ100円くらいで売られているタイプ。ゼラチンで固めた感じで、揺らすとプルプル揺れる
なめらか系なめらかとろとろ、クリーミーなプリン。パステルというお店のなめらかプリンがイメージしやすい。
蒸した系本格的なプリン。自分でつくると「す」が入ってしまいがち。食感がちょっと固めで、なめらかではあるけど、なめらか系とは違う食感。

これはわたしがプリンに対して考えている分類ですが、このドルチェプリンは違います。

もっちりねっとり系。新ジャンル。スプーンを入れると、スッと入らず、少し力をいれてすくいとるような感じ。通常のプリンに対して思い描く強さでスプーンをいれたら、すくえません。

▲スプーンですくっても、ムチムチ過ぎて揺れません。

ナニコレ珍百景ならぬ、ナニコレ新食感。
むちっねちっとした食感は、何に例えればよいのか。弾力感を抑えめにした『ういろう』?跳ね返すような弾力感ではないんだけど、密度が濃くてむちむちねっとり。口に入れると普通のプリンは溶けるけど、溶けずに個体のまま。しっかりもちもち噛んで楽しむ。このもっちり感はとてもいい。そしてなによりいいのは、コーヒーの味のバランス。
コーヒー味って、苦すぎたり、逆に甘すぎたり、甘味はちょうどよくてもコーヒー感が足りなかったり、甘味も種類があってドギツイ甘味だったり、練乳系なのか、砂糖系なのかで変わってくる。一口にコーヒー味といっても当たりはずれが大変あります。そんな中、久々に「このコーヒー味、めっちゃうまい。バランスがいい」と思いました。苦みもしっかりするし、かといって苦すぎず、甘味も甘すぎない。簡単に言うと、わたしの好きなコーヒー味。原材料にインスタントコーヒーってあるけど、インスタントコーヒーでこの味を出してるなんて信じがたい。ちょうどいいバランスのコーヒー味、ほんとイイ感じ。

さらに原材料にはナチュラルチーズとも書かれていますが、チーズの味は全くしません。ねっとり食感やコクのある味に、チーズが関与しているのでしょうか。

わたしの夫は甘いものはほとんど食べず、甘い物に興味もない人間ですが、ごくたまにおいしいスイーツに出会うと自分の「認定スイーツ」としてそのおいしさを認めています。こちらのプリンは一口目で「これは認定スイーツと言っていいんじゃない?」と言っていました。あんまり甘い物食べないのに、美味しいと言って、わたしのプリンを3口も食べました。食感がしっかりしているので、食べ応えはありますが、わたしとしては1個じゃたりません。

まとめ:これは買うべき。

久々の美味しいコーヒー味です。ちょっと首をひねって美味しいところを探す・・・とかじゃなくて、一口目からコーヒー味炸裂でもったりねっとり濃厚でとにかくウマイ。
コンビニスイーツはどんどん新しい商品がでてくるので、美味しい・ずっと食べていたいと思ったものもすぐに見かけなくなってしまいます。このヤマザキ ドルチェプリン 珈琲味も、おそらくそういう運命にあるのだと思いますから、コーヒー味好きな人は見かけたらすぐに買って下さい。
プリンが好き、プリンが食べたいって人はこれじゃない。普通のプリンを買ってください。この商品は普通のプリンからはかけ離れています。

今日もコンビニで買ってきます。
この商品が棚からなくなる前に、堪能するぞっ!

【追記】

今日もローソンで買ってきました。やっぱり美味しかったです。
最新情報をチェックしよう!