サーティワン【クレープ】 深煎りコーヒーのクッキーティラミス&アイスクリーム 完璧な美味しいクレープ

この度、サーティワンでめちゃうまクレープをみつけてしまいました。

画像引用:サーティワン商品HP

深煎りコーヒーのクッキーティラミス&アイスクリームというクレープなんですが、ティラミス大好きかつコーヒー味好きかつコーヒーなら深煎りが好きなわたしにとっては、買わない理由が見つからないほど好みにドンピシャなクレープ。

迷うことなく、即注文です。

深煎りコーヒーのクッキーティラミス&アイスクリーム

ふんわりティラミスクリームにエスプレッソとブラッククランチの甘くてビターなハーモニー。
・ティラミスクリーム・ソフトスポンジ・微糖エスプレッソソース・ブラッククランチ・ココアパウダー・ホイップクリーム
★おすすめアイスクリーム:ジャモカコーヒー/ジャモカコーヒー

引用:サーティワン商品HP

写真には写っていませんが、食べ進めると出てくる白っぽいクリームがたぶんティラミスクリーム。
中身は
・ティラミスクリーム
・ソフトスポンジ
・微糖エスプレッソソース
・ブラッククランチ
・ココアパウダー
・ホイップクリーム
と書かれていますが、全て「うんうん、全部入ってた!全部美味しかった!」と納得できるものです。まろやかなティラミスクリームも、エスプレッソソースもホイップも全てがおいしい。何一つムダが無かった。これは見事。
あえて言うならスポンジは無い方がいいけど、味や食感をそこまで邪魔をしていないので、これは「アリ寄りのナシ」。
「アリ寄りのナシ」というのは、無い方がいいけど許容できる範囲なのでアリでもいいよ、という意味です。これがコーンフレークだと、食感が主張するから「アリ寄りのナシ」ではなくて「ナシ寄りのナシ」つまり「完全にナシ」なことが多いです。しかしスポンジはコーンフレークのようにパリパリしたりしないで、ふんわりとクリームやアイスを吸収しながらそっとたたずんでいるような感じなので、わたし的には「積極的に入れてほしいものではないけど、まぁ、あってもいいよ」と許容できます。
サーティワンのクレープ生地は大きめで、包んだ時に横にボリュームがあるのが特徴だと思うのですが、毎回お店によって(焼く人によって?)多少生地の具合が違っています。これがサーティーワンクレープの一つの楽しみでもあります。
ある時は生地の周りがカリカリパリパリまで焼かれていて、さくっとしていて美味だったし、今回は生地自体に厚みがあり、ちょっとしたどら焼きのような感じ。食べ応え抜群で、どら焼きのようなふっくらした中にクリームやアイスを詰め込んでいるんだからこれはもう、手で持てるケーキ。
中に入れるおすすめアイスクリームはジャモカコーヒー/ジャモカコーヒーとなっていましたが、わたしはジャモカコーヒー/フレンチトーストを選択。
期間限定のフレンチトースト味は、クレープの中だったので、それ単体の味はあんまり分からなかったのですが、2つのアイスとクレープの中身が溶けつつ混ざり合う味は、天国に上るような美味しさでした。
あまりに美味しいのにこのおいしさを分かる人が、家族に誰ひとりおらず、家族の誰ともこのおいしさを共有できないのは残念でした。それでもわたしひとりでも、このおいしさを発見し、心の底から堪能できたことは、人生の喜びです。人生まで持ち出したくなる美味しさ。
わたしはコーヒー味のスイーツ好きですが、近年まれにみるおいしいクレープだったので、わたしと同じ「コーヒー味スイーツ好き」な方に、是非おすすめしたい。「コーヒー好き」ではありませんよ?あくまでもコーヒー味が好きという方におすすめです。
コーヒー味好き、についてはこちらをどうぞ
これは食べないともったいないです。これは食べないともったいないですよ。
大事なことなので2回、といわず何回でもいいたい。そのくらい美味しい。
このクオリティで550円。550円で、軽く天国に登れる美味しさ。ここまで満足感のある550円の使い方もそうそう無い、と思える価値のある550円です。お金はこうやって使うんだ、と心の底から満足のいく550円。
550円550円うるさいですが、いやほんと、これはもうすごい550円で、550円とはとても思えないほど満足感があっておいしかったです。
わたしはクレープ大好きだけど、食べると「うーーーーん・・・・」というものも少なくないんですよね、実際には。
「この具材は入れないでほしい」とか「この味は失敗だったな」とか「ホイップ少ない」とか。クレープが好きでも、クレープならなんでもいいってわけではない。むしろ好きだから、最高のクレープが食べたい。
そんな自分のクレープ欲に忠実なわたしが今回食べた「深煎りコーヒーのクッキーティラミス&アイスクリーム」クレープは、味も中身も全部が美味しかったという珍しく100%満足のいく一品でした。食べてから数日たった今でも、思い出すと興奮がよみがえります。
このクレープは定番ではないのできっとすぐになくなってしまうでしょう。
なくなるまでに飽きるほど食べておきたいです。同士の皆様もぜひ。
最新情報をチェックしよう!