極甘焼き芋 紅和み。まさかの甘太くん超え

焼き芋関連の記事の中で何度も書いているのですが、ここ数年『スーパーで手に入る焼き芋で、わたしにとってのナンバー1』は、紅天使でした。

昨年、我が家の近所に新しくスーパーが数件出来たんですね。この一つのスーパーで扱っている焼き芋が、これまで見たことのない種類だったんです。

その名も「超熟成焼きいも 極甘 紅和み」

超熟成っていう響きに惹かれませんか?だって熟成ってだけでも美味しくなるはずなのに、超熟成だって言ってるんだから。

熟成って、近頃はやってるんですかね?そういえば、この間の超絶旨いハンバーガーの肉も熟成肉でした。おいしくなるなら何でもいいけど。

関連記事

前回食べそこなったハンバーガーを食べに、ザグリルトウキョウ (THE GRILL TOKYO)へ再度行ってきました。わたしはもともとハンバーガーは好きですが、その中でもここのハンバーガーは「人生で一番」おいしいと思うハンバーガー。で[…]

さて、この紅和みという焼き芋。超熟成なのにお値段なんと198円。焼き芋のブランド品はたったの198円で買えます。ブランド品なのによ?焼き芋ってすごい。

あ、でもこれはスーパーだからですね。おそらくこのレベルだと石焼芋やさんで買ったら(石焼芋やさんは高いらしいから)1000円位はするかも。知らんけど。

で、さっそく買いました。

どでかい1本。立派です。中の状態はこうなっています。

まず驚くのはその美しい黄金色。とても濃い色です。美味しそーーー。

見た目にもしっとりしているのが分かりますね。指で持つ時、そーーっと持たないと潰れるくらの柔らかさ。

指のカタチが付いちゃうくらい。そうだな、これはもう焼き芋というより、濃い味の芋ペーストをサツマイモの中に入れたと言った方がいいかもしれない。そのくらいの柔らかさと甘さ。一口目で、

え・・・?
ってくらい甘い。しばらく夢中で食べ進めて正気に戻って
うめぇーーーーーー
ってなりました。

紅和みと甘太くんの比較

わたしの中で甘い焼き芋代表といえば甘太くん。そこで甘太くんで作った焼き芋と比較してみます。

左が甘太くん、右が紅和み。
写真だと分かりにくいかもしれないのですが、紅和みの方がくっきりと濃い黄色です。しっとりした断面はどちらも同じ。

味の違いですが、もうこれは本当に驚きなのですが、甘さだけでいうと紅和みの方が上でした。これまで数々の美味しい猛者(さつまいも)をなぎ倒してきた甘太くんですが、一口ずつ味わってみると甘太くんの方がさっぱりしているようにさえ感じます。甘太くん、激甘なのに。

いや、甘いのよ?これはもう、さつまいもの甘さ界のトップオブトップの戦いであって、甘くないさつまいもたちには到底行きつくことの出来ないハイレベルな戦いです。
もちろん個体差もあるでしょう。この芋を焼き芋にしたのも、甘太くんはわたし(けむらん亭)だし、紅和みはスーパーの専用機で作られている。そういう違いもある。

そういう違いはあるけれども、今回の焼き芋対決で純粋に甘さのみを競うのであれば、紅和みの方に軍配があがった。

あと、毎回これも書いてるんだけど、焼いもに限らずだけどいくら美味しくても滅多に手に入らないよりも「いつもそこにある」「いつも買える」っていうのが一番有り難いことなの、食べるものの場合は。

甘太くんの焼き芋はいつのまにか姿を消してましたが、紅和みはいつまでもいつまでも売られてほしいです。198円だし。

はっきりいってこのレベルのものを198円で買えるってありえないと思うんだよね。これなら、自分で甘い芋を探して焼き芋を作るより安いんじゃないか?と思う。たぶん普通のご家庭なら、この1本をみんなで分けるでしょうから、おやつとしてのコスパも良い。

わたしの場合はいっぱい食べたくて1本じゃ足りなくて一度に2本は食べるとすると、400円。だけどケーキだと1個500円なんてフツーにする価格だからね。ケーキだって1個じゃ足りなくて2個食べるとするなら1000円。そう考えると1日2本食べても焼き芋ってお財布に優しい。あぁ、すばらしい。

そんなわけで、またすばらしい焼き芋を見つけてしまいました。あまりにも、あまりにも甘い。これは極甘と名乗って何の問題もない。看板に偽りなし、というより看板超えてる。甘いってもんじゃない、数々の焼き芋をたべたわたしが、衝撃を受けたんだから。

もし見かけることがあったら是非ゲットして下さい。


焼き芋関連記事はこちら

関連記事

家で焼きいもを作るなら、『けむらん亭・アルミホイルなし』で作るのが一番美味しいと結論づけました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://gureasu.com/bake-potatoes-at-kem[…]

関連記事

昨日「けむらん亭での焼き芋デビュー」を果たしたわたし。衝撃的なおいしさのあまり、1日に2回も焼き芋を作ってしまいましたが、どうしてそんなに美味しかったのか?というとそれは甘太くんだから。これが大きな理由だと思うんです。わたし[…]

関連記事

こんにちは。焼き芋大好きなわたしです。最近はスーパーでもいろいろな種類の焼き芋が売られていますが、わたしがこれまで一番大好きだったのは甘太くん(かんたくん)という芋の焼き芋。この甘太くん、大分県で生産されるサツマイモのブランドで、「[…]

 

最新情報をチェックしよう!