ディッパーダン【期間限定クレープ】渋皮栗モンブランで秋を先取り。

秋になると、町中に秋らしいスイーツが増えてきますね。

9月とは言えまだまだ暑く、夏真っ盛りな陽気。ほぼ夏。9月に入っても「秋だなぁ」と感じたことは一度もないのですが、本日ディッパーダンの前を通りかかったところ、秋らしい商品を発見。「あ、栗のスイーツが出てる!」これが今年初めて「秋」を感じた瞬間でした。

わたしの今年の秋はディッパーダンから始まりました。

分かりにくいので近づいてみましょう。

↑これです。

レジ脇にはこんな看板もありました。
どれも美味しそうですが、本日は、アイスがのっていない【期間限定クレープ】渋皮栗モンブランクレープ一択。
なぜこれにしたのか?というと、マロンクリームが一番たくさんのっていそうだからです。

たっぷりの渋皮栗に、マロンソース、マロンホイップ、
贅沢に栗を堪能できるモンブランクレープです♪
ディッパーダン商品HPより

美味しそう。わくわく。

ホイップとマロンソースとマロンホイップがたっぷり。巻いた上にさらに上からもホイップとマロンホイップがのせられています。

チョコレートとかカスタードクリームだとか、余計なものが入っていないのもうれしい。

クリームがたっぷりめで、上手に食べないとこぼします。小さい子どもには、食べるのは難しい商品です。絶対こぼします。

栗は数個入っていて、満足。ディッパーダンのクレープの皮は、食べ応えのあるもちもち系なので、弾力があります。それがおいしいのですが、噛みちぎろうとするとクリームがこぼれそうに。これは嬉しい悲鳴。このくらいクリームたっぷりだと満足です。

最後の方でフレークが顔を出すのですが、個人的にはフレークは無しがいい。フレークの分も全部クリームか栗で埋め尽くしてほしい。特にクレープを食べ進めての一番最後、いわば一番大事なところなので、栗もしくはマロンクリームで締めてほしい。そこはフレークじゃあないでしょう??と思ってしまいます。

画像引用:ディッパーダン商品HPより

わたしはデザートに入っているフレークは「ただのカサ増し」だとしか思っていないので、フレークに対しては良い感情はもっていません。しかし世の中には「サクサクとした食感がたまらなく好み」という方もいらっしゃることでしょうからそれはそれでいいんですけれど、個人的には残念でした。パフェにもよく入っていますよね、フレーク。

全体としてはとてもおいしいクレープで、皮のボリュームもあり、1個でかなり満足感のある商品でした。マロンホイップは淡い甘さ、マロンソースはしっかりとした「モンブランっぽい甘さ」で、バランスも良い。

ディッパーダンのマロン系クレープは毎年楽しみにしていて、去年も確か同じようなマロンのクレープを食べました。今年もマロンクレープが食べられて幸せでした。


最新情報をチェックしよう!