12月のフレーバー メルティ シュトーレンで、サーティワン【クレープ】とろ~りチョコ on チョコフリーク

  • 2020年12月29日
  • 2020年12月31日
  • グルメ

本日のクレープ(とろ~りチョコ on チョコフリーク)のアイスは、
12月の新フレーバーであるメルティ シュトーレンとチョコレートを選びました。

食べ進んでいく前に、毎度書いてますが、今日も生地がうまい、最高にうまい。
今日の生地は、もちもちなんだけど周りはカリッ。食感も素晴らしいです。

何度も食べていると、その日によって微妙に生地の焼け具合が違うことが分かってきます。そしてどのような焼け具合であっても美味しいのが、このクレープのすごいところです。

メルティ シュトーレンは、シナモンっぽい感じの味。「ザッハトルテアイスのザッハトルテ感」よりは「メルティ シュトーレンのシュトーレン感」は薄め。

HPには「3種のフルーツが入ったシュトーレンとクルミ入りナッツ風味フレーバー」と紹介されていますが、「3種のフルーツが入ったシュトーレン」は感じられません。クレープの中に入るアイスは量が少ないので、味わいにくく、分かりにくいところはあります。

チョコレート味は大正解。

チョコクレープにはチョコアイスは鉄板です。31のチョコレートアイスは濃くて美味しいのです。ほろ苦さもあり、本当に美味しうチョコアイス。

今回は「メルティ シュトーレン」という新フレーバーを入れてみましたが、この基本のチョコレートアイスが、このクレープには一番合うと思います。

食べている途中でチョコアイスが溶けて広がり、クレープ内のチョコ濃度がさらに増してくる。この溶けてゆく様も美味。

惜しげもなくはいっているホイップとチョコクリーム、チョコアイス、チョコソース。そして最高と言っていいくらい単品でも美味しいクレープ生地の夢の共演。

今日は作ってくれているところを見ていたのですが、ホイップをクレープの下になる部分まできっちり置いてから巻いていました。

だから最後の一口までホイップクリームとチョコソースがあって、大満足のまま食べ終えることが出来るんですね。毎回、丁寧に作っていただいて本当にありがたい。

そしてこんなに何度も食べているのに毎回毎回、震えるうまさ。脳に衝撃がガツンとくるうまさです。

これは本当にうますぎるなぁ。このクレープに出会って、この冬の楽しみが確実に増えました。幸せです。このクレープを開発してくれた人に感謝しきり。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!