ASDグレーゾーン:質問は細かく正確に。答えは絶対に一つであるよう、状況を限定して聞いてほしい。

アスペルガー人の特徴かもしれない(し、そうでもないかもしれない)のですが、質問されると、その質問に正しく答えようと努力します。
ゆえに、いい加減な聞き方やどうとでもとらえられる質問については「一体どういう意図で聞かれているんだろう?」と頭を抱えます。それと同時に「なんでそんな意地悪な(疲れさせるような)聞き方をするのか?」と怒りがわくこともあります。

具体的で、他に考えようのない細かい条件設定で聞いてほしい。のです。

このあいだネットで
小学生2年生くらいの子どもに向けてのテストで
「家から駅まで30分かかります。8:50に駅に到着するため8:50に駅に到着するためには、何時に家を出ればいいですか?」
という問題に対し、子どもが
「8:15に出るとよい。8:20だとぎりぎりであせると危ないから」と回答しているのを見かけました。
そこでは、「先生は×を付けてるけど、この考え方はあってるよね。子ども可愛い」という、ほほえましい案件として紹介をされていたのです。

しかしですね。
わたしはこれをみて「うーん、でもそれだと不十分じゃないかな」と思いました。

1.これまでわたしは、学校では「5分前行動が基本」と教えられてきた。
この到着時刻8:50というのは、中途半端な時間であるが故に、前提として9:00集合に対しての10分前行動と読むこともできる。本当に8:50集合であればそこからさらに5分前もしくは10分前行動が必要なのか? と考えなくてはいけない。

2.到着がギリギリの時間でOKなのか、5分前行動がいいのか、10分前行動がいいのかは、その人のそれまで経験や学び、性格により、変わってくる。(100%これが正しいという基準はない)

つまり、前提としている条件や考え方は何か?ということまでを提示してもらわないと、答えは違っちゃうじゃん。それって不親切じゃない?と思うわけです。

今回の例だと、今のわたしならこう答えます。


まず、8:50集合という時間が「9:00集合の10分前」と考えることができますが、そうではない可能性もあるので、今回は「8:50は集合時間ぴったりの時間」だと考えることにします。

次に、わたしはこれまで学校では5分前行動と教えられてきたけれど、
向かう途中で何が起きるかわからないし、わたしはなぜか信号に引っかかることがとても多いので、5分前行動だとギリギリになってしまう可能性があります。
これだと心の余裕がなくなるので、集合時間の10分前にはついているようにしたい。したがってわたしなら、8:40到着を目安とし、少なくとも8:10には家を出発します。

しかしながら、集合時間や、その集合時間をどうとらえるのか?30分かかると書いてあっても、「他の人が30分かかる場所であっても自分には40分かかるかもしれない」と考える人もいるかもしれません。こういった様々な捉え方のできる問題を小学生に出し、それに対して教師という「人として自分と同等であるはずの人間」に〇✕を付けられるのは、好ましいことだとは思えません。


このくらいのことは書きたいです。理屈っぽいと思われますよね。

でも「人によってとらえ方はいろいろだよね」という質問の場合、その意図をくみ取るのにとても神経を使うし、「どうして素直に分かりやすく聞いてくれないんだろう。どうしてそんな意地悪な聞き方をするんだろう?」と余計な考え事が増えます。

今回の場合だと「30分かかる」「8:50に駅に到着する」という条件がありますが、これが絶対条件であり、「でもわたしの場合は・・・」などと他の可能性は考えなくてよいということをしっかりと提示してほしいところです。「1+1=2」のように、どうあっても他の可能性はない、素直に考えられる状態で提示してほしい。

アスペルガー人に質問する時は、「正確に答えられる、素直でコトバ通りの質問」をお願いしたいです。

最新情報をチェックしよう!