銀だこ 引換券最終日ギリギリセーフ 。期間限定「青じそおろしポン酢」

6/30は何の日かご存じですか?

おそらくあまり世間には知られていないことと思いますので正解をすぐに発表しますが

6/30は、銀だこにて「毎年発売されている福袋」の中身である「引換券」の引き換え期限日なのです。

福袋は毎年ほぼスルーしており、各企業の福袋戦争からは距離をとるスタイルを決め込むことで平和なお正月をすごしている私ですが、銀だこの福袋だけはここ数年欠かさず購入しています。購入してしまうのです。

福袋を購入したての1~2月は引換券の枚数に余裕があるのでバンバン使うのですが、手持ちの枚数が少なくなってくると使うのを渋るようになり、最後の一枚をお守りのように長いこと持っていました。これは毎年恒例のパターン。

突然食べたくなる日に備えて!と最後の1枚は大事にしていましたが、もう今日は引き換え最終日。

これ以上大事に寝かせておいても意味がない。どうしても今日は銀だこに行かねば!

開店とともにお店のレジに並び、すばやく持ち帰りでご注文。そんな本日の注文はこちら!

2019年6月8日 発売開始(再登場)

贅沢ねぎたこシリーズ

青じそおろしポン酢 税込680

香り豊かな青じそとねぎのシャキッとした食感に青じそ風味のたれと大根おろしを合わせて食べる大人気商品

らしいです。そして、期間限定品。

私はどうしても期間限定と言われると「じゃあそっち」と思ってしまうし、引換券なら「出来るだけ高いものを選びたい」という貧乏根性がしみ込んでいるので、迷いなく「青じそおろしポン酢」を注文。

このあとすぐに食べずに車で移動したのですが、車内はたこ焼きの幸せな香りでいっぱい。

ス――(息を吸う)→いい香り→幸せ~~→息を吐く

ス――(息を吸う)→いい香り→幸せ~~→息を吐く

と、一呼吸ごとに幸せ気分になりましたので、こういう楽しみもアリだななんて思ってしまいました。どんなところに幸せを感じてもいいですもんね。ほんといい匂いです、お腹すいてたし。

お店から車に乗るまでの間は、たこ焼きが入っているビニール袋に顔を突っ込んで臭いを嗅ぎながら移動しました。ビニール袋に顔を突っ込んでニヤニヤしがら「んっっ、はぁ~~」などと言いながら歩いてるヒトがいたら、ちょっとコワイですね。なんか別の何か怪しいものが入ってそうだし。でも実際は袋に入っているのはたこ焼きで、歩いているヒトは私です。

実 食 青じそおろしポン酢

こちらが、お持ち帰り商品の全内容。

中を開けるとこちら。ババーーーーン

注文してから1時間位経過しているせいか、青じそにちょっと元気がありませんし、色も若干黒ずんでいるような。

付属のカップはこんな感じでセット。2層が美しい。

さて、感想としては、一口目から青じそ感がすごい!

青じその主張がハンパない。

銀だこでは、これと似た「汁につけて食べるスタイル」の商品で「ねぎたこ」があります。このねぎたこは良く食べるのですが、こちらと似ているようで味は全然似ていない。こんなふうに「青じそ感を全面に出す」っていうのもアリなんですねぇ。私は嫌いじゃない。

しかしずいぶんと、予想以上に青じそが前にでてくるなぁと思っていましたらですね、よく思い返してみると、こちらのカップに入っている液体は「めんつゆ」でも「ポン酢」でもなくなんとなんとまさかの

「青じそドレッシング」

だったのです。写真を見ていただけると分かります。うーーーん、そりゃ青じそが主張するわけだわ。「麺つゆ+ネギ」とか「麺つゆ+大根おろし」も好きだけど、このとにかく「青じそ+青じそドレッシング」という「とにかく青じそ!!!」と全力で押し出してくるスタイルは「むしろ新しい」とさえ思いました。分かりやすい味です。青じそ嫌いは人は嫌だろうけど、そういう人は注文しないでしょうしね。

ただちょっと言わせてもらえるとするならば、もしももしも「思ったことを何でも教えて下さい」と言ってもらう機会があるならば、商品名を「青じそおろしポン酢」から「青じそおろし青じそドレッシング」に改名してほしい。

私は何かにつけて「文字通りそのまんま受け取る」ことが得意ですから、「ポン酢じゃないの?」と思ってしまいました。確かに商品説明には「青じそ風味のたれ」と書かれていますけど、でも商品名の方が目立つじゃないですか。味としては、青じそドレッシングはポン酢っぽいのかもしれないけど、なんか釈然としない感が残りました。でもそんなことはさておき、商品としては「カリカリ、とろーり、爽やか」の3重奏で、満足です。美味しかった。

銀だこ 期間限定 青じそおろしポン酢
ぱしからさん

評価: 3青じそを「全面に、前面に」押し出しているこの商品。初夏に食べたい爽やかな味です。夏がきたなぁって思います。酸っぱさの効果でたこ焼きにありがちな「ソースとマヨネーズ」のくどさがなく、ぐいぐい食べられます。さっぱり大人味だと思うけど、我が家の子どもは夢中で食べていました。「ポン酢じゃなくて青じそドレッシングに付けて食べる」ってところはご注意。

最新情報をチェックしよう!