日本ルナ「イーセイスキル(Isey SKYR)」を食べてみた。3種類を食べ比べてみました。

  • 2020年11月5日
  • 2020年11月4日
  • グルメ

「イーセイスキル(Isey SKYR)」は、高タンパクのヨーグルトです。

ダイエット民にオススメの間食として、この手のヨーグルトって最近流行っていますよね。
コンビニとかスーパーでも見かけることがありますが、このイーセイスキルは個人的に一番気になっていました。
パッケージが、他のヨーグルトに比べてひときわオシャレだからです。

あまりオシャレではないと自覚しているわたしは、しばらくの期間(数か月)、スーパーの棚に並んだイーセイスキルから発せられるそのオシャレさに気おくれしていましたが、やっぱり気になるので全種類食べることにしました。
相手はヨーグルトだもの、別に攻撃してくるわけでもなし。ヨーグルトに気おくれしているうちに、わたしの人生が終わりかねません。

気になることはやっておかないと。

ストロベリーピーチ ピンクの蓋

全体がほんのりピンク色。かわいくて、テンションがちょっぴり上がります。
女子にはこういう可愛さってキュンときますよね。みなさんどうでしょうか。
40代にもなってナンですが、わたしはキュンとしちゃう派です。顔には出しませんけど。


ほら、この淡いピンク色にストロベリーの香り!癒されます。
スプーンをひっくり返してもなかなか落ちないくらいの固さ。

濃厚だけど固体ではなく、あくまでも液体状で、粘度が非常に高い感じ。
ねーーーっとりしたクリーム。滑らかなすくい心地。

味は子供の頃に飲んだ、ジョアを彷彿とさせる味です。
全然酸っぱさはなく、ストロベリーピーチということでいちごともも果汁が入ってるけど、
いちごの味しかしません。ピーチはどこに行ったのでしょう?

表面にいちごのつぶつぶが見えますね。
いかにも海外物っぽい、とがったオシャレパッケージですが、
味はとがってなくて甘くてクリーミーなヨーグルトです。

個人的にはヨーグルトというよりジョアでした。
ジョアをクリームにしたような感じ。
1個200円くらいするので子供のおやつにするには勿体ないお値段ですが
味的には幼稚園児も喜んで食べそう。
そのくらいクセが無くてクリーミーでうまいです。これは本当に好きな味。

バニラ 黄色い蓋

↓クソオシャレ容器。特別なナニカを感じさせます。バニラの花ってこういうのなんだ。

色は、普通のヨーグルトより黄色がかっています。


濃いギリシャヨーグルトの食感に、バニラの味。

思った以上にバニラ。
ところどころに小さい黒い粒が見えますが、これがバニラシードですね。
ねっとりした口どけのバニラですが、あくまでもヨーグルトなので、甘いだけでなく酸味も感じます。

これはアレだ、あのバニラヨーグトを即、思い出します。
コレ↓

「バニラ」味の王道といえばこの「バニラヨーグルト」。このバニラヨーグルトは、甘くておいしくて昔から大好きなんです。当然我が家の子どもも大好き。
このバニラヨーグルトを、もっと味と食感を滑らかに・高級にした感じ。
味は同じ系統のまま「大人女子のご褒美スイーツ」へ進化を遂げました。

濃厚な甘さと食感。
濃厚なので、パクパク食べるというよりもちびちび味わって食べたい商品。少量ずつ味わって食べたので、この1カップでも意外と満足できました。
甘いヨーグルトクリームのような商品です。バニラ味ヨーグルト好きに、是非ともおススメしたい。

プレーン 砂糖不使用 青い蓋

プロテインが13gと一番多い商品。原材料は乳製品のみ。

砂糖不使用なので、酸っぱ過ぎやしないか?という点が気になりますが、どうでしょうか。わたしは酸っぱいのは苦手なのです。

食感はクリームのような濃厚さ。味は砂糖不使用なので当たり前ですが甘くないです。

緩めのクリームチーズとか、カッテージチーズを食べているような感じ。ヨーグルトというよりもチーズ寄り。
私はデザートとして食べたいので、甘くして食べました。

ヨーグルト特有の刺すような酸味はないので、「酸っぱい!」という感じではないのですが、甘くないので、デザートとしては物足りなかったです。美味しかったのですけれども、わたしにとっては甘さが足りなかったです(砂糖不使用だもの)。

タンパク質量はこのプレーンが一番多いので、タンパク質補給目的ならプレーンを選ぶことになるかもしれませんが、デザートが欲しいなら他の味がおすすめ。甘くして食べる前提なら、もともと甘いピーチやバニラの方がデザートっぽいのでそちらをおすすめします。

個人的にはタンパク質補給を目的とするならサラダチキンとかプロテインでいいので、ヨーグルトには「甘い」デザート感が欲しいです。


3つの味に共通して言えることですが、この濃厚さで脂肪0ってすごいです。
脂肪0ヨーグルトって、さっぱりし過ぎていてコクがないとずっと思っていたのですが、
先日食べたオイコスも、このイーセイスキルのどの味も、
脂肪0なのにまったりとコクがあってクリーミーで、これまでのわたしの「脂肪0ヨーグルトの概念」を覆すおいしさがありました。

わたしは毎日ヨーグルトを食べていますが、普段は脂肪0の大きいパックのヨーグルトを選んでいます。脂肪を出来るだけ取らないようにしたいからです。

こってりしたヨーグルトが食べたい時は、脂質を摂取することを覚悟して、フルーツヨーグルトとか、上で書いた日本ルナのバニラヨーグルトとか、そういう甘いヨーグルトを食べていました。

しかし、これらの高タンパクヨーグルトは、これら2種類のヨーグルトのいいとこ取りなのです。
つまり「おいしさと脂肪0」を兼ね備えているのです。これって最強。

問題は、他のヨーグルトよりお値段が高いこと。
そこさえ解決すれば、わたしはもう一生毎日、高タンパクヨーグルトを食べることになるでしょう。そのくらい美味しかった。個人的には、ストロベリーピーチが一番美味しかったです。

時代は進化しています。ヨーグルトも進化しています。
今回食べることで、ヨーグルトの進化に追いつけて良かったです。ヨーグルトにも取り残されてしまうところでした。

最新情報をチェックしよう!